プラドGDH150Wにテイクオフのアップスプリング、ビルシュタイン5100、TSG フロントスタビライザーリロケートブロック、ZEALデフダウンの取り付けです。

プラド

サスペンション交換作業

ビルシュタインの取り付け位置はノーマルでおこないスプリングで車高を上げていきます。
スプリングは線形が細い感じなのでアッパーアームの干渉は大丈夫そうです。
ショックとスプリング交換やデフダウンにスタビのブラケットなどの取り付けはさほど大変ではないのですがデフダウンにともないアンダーカバーを下に下げるため、ネジをかませるのが結構大変なんです。

1G締め ぷらど
部品を取り付けたら1G締め作業です。

締め直しを完了させてリアの取り付けです。
リアはこのテイクオフのスプリングがかなり長いので取り付けは少し苦労します。
延長スタビリンクなどを取り付けしていきます。
スプリングの苦労はありますがその他は特別気になるところはなく取り付けできました。

1G締めをおこない試乗後四輪アライメント調整です。

車高の高さ

 

ノーマル車高プラド

リフトアップ車高プラド

かなり上がった感じがありますね。
タイヤホイールがノーマルなのでかなりタイヤが小さく見えてしまいますね。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメントプラド

四輪アライメント調整はフロントのキャンバーとトーとキャスターの調整をおこないます。

車高が結構上がっていますが数値的には現状でめいいっぱいでの調整を行いました。
キャスターの数値が足りない状態になりますのでふらつき感が気になる場合はアッパーアーム交換がおすすめになってきます。

 

リフトアップ作業と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。
見晴らしが全く違いますね。
かなり高いです。
さすがにこれだけの部品を取り付けするとストロークには余裕を感じられますので走りにゆとりがあります。
あとは高速走行時のふらつき感がどうかですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換作業20000円(税別) そのほかの部品交換10000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)