現在TEINさんのFLEXZが装着されていますが異音などがあり交換純正に戻されるそうです。

アコード

純正サスペンションは以前まで使っていたものですね。

 

サスペンション交換作業

CL7 ノーマル戻し

さてアコードはフロントダブルウイッシュボーンにリアはマルチリンクのサスペンションになります。

リンク類が多いので通常当店で取り付けをするとブッシュが効いてしまいブッシュをすべて解放しないと戻せません。
ですが取り付けは当店ではないので確認しながら外してみるとやはり1G締めは行われていませんでした。
せっかくTEINさんの車高調を組んだのにしっかり味わうことができないままにノーマル戻しになってしまいましたね。
リンクの多い車両ほど1Gの重要性がでてきますのでしっかりとした動きを出すためにもしっかりした取り付けが大事ですね。

さてノーマルに戻していきます。

 

フロントもリアもですがまずはブッシュをすべて緩めて交換を行っていきます。
アコードでよくあるのはフロントのショックの下側の溝にはめるスペーサーが無い場合が多いことです。TEINさんは車高調に純正品を再使用していますので問題ないです。巻き替えて取り付けしていきます。

リア CL7

リアはマルチリンクでかなりリンクの多い車両です。
緩める部分もかなりありますが全箇所緩めればショックとスプリングは簡単に抜き取れます。

交換をして1G締め作業です。

1G締め作業

1G締め

ブッシュが多いですがしっかりと全箇所行っていきます。
もう一度しっかり正常の状態にしておきます。
締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整は前後のトーの調整が可能です。

さてキャンバーの数値ですが純正基準値範囲内で左右差もほとんどありません。
フロントは基準値中央付近にいますので車高の変化なども少ないのでしょう。

 

リアは少し基準値内ではありますうがキャンバーがついています。
可能性としてはブッシュの摩耗が内側にリンクを寄せてしまっている可能性はありますが基準値範囲内なので新車時の数値がこのような数値の場合も多々あるため何とも言えませんね。

トーの数値をきれいに調整して数値もきれいになりました。

 

ノーマル戻しと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

調整前はトーの数値がかなりトーインだったためアクセルを踏むとかなり車両の挙動がおかしかったですが調整後はよくなりました。

タイヤの摩耗度合いが少しハンドルに出ている感じもありますがさほどひどい影響ではなさそうです。

ブッシュのことなどをお話しさせていただき作業の方完了です。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 ノーマル戻し16000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)