レクサスの車高調の取り付けです。

車高調はRS-Rの車高調で純正のAVSがそのまま使えれるモデルです。
車高の高さはRS-RさんのHPの高さぐらいにしてほしいとのことすが車検を通る高さであればという条件付きです。

RS-R車高調

さてまずは最低地上高を図ってみると13.5cmの最低地上高がアーム部分で一番低い場所になりそうです。
Fスポーツにはついていそうなアームでこのアームを外せばあと2cmは下げれそうです。

となるとよく下げて4.5cmのダウンが数値では可能ですがフェンダーの隙間をみても4.5cmでは全然写真の高さにはなりません。
なので今回は最低地上高を9.5にセッティングします。RS-Rのヘタリが年間どれほどかは気になりますがヘタリ保証を信じるしかありませんね。

車高調取り付け作業

 

まずはフロントからです。

AVSがそのまま使えて台座もついているコンプリートですが車高調のロックシートは湿られていませんが高さは推奨になっています。
減衰力はメーカー中間で最初は走行をと書いてありましたので推奨にセッティングをおこないました。
そうなんです。AVSで切り替えもできてなおかつ全体のショックの収まりも好みに使いたい硬さを調整できるんです。
高さは後ほど調整しますのでまずはブッシュ部分を全て緩めておきリアを取り付けます。

車高調取り付け

リアはこの車両はテンションロッドは脱着してからロアアームを外します。でないとロアアームに傷が付きます。
当店はブッシュをすべて緩めますのでついでにボルトを抜くだけなのでさほど気になる作業ではありません。

まずは推奨での高さで組み上げてブッシュを緩めた状態で純粋に車高調だけの力で高さを見ます。
さて数値は推奨はフロント35mmリア25mmとなっておりましたが実際はフロント40mmリアは45mmのダウンになってしまいました。
最低地上高はリアの太鼓部分が9cmピッタリとなってしまいましたのでリアは少し上げてフロントは少し下げます。
前後バランスはもともと純正はフロントが1cm下げでしたが今回はフロント5mm下げでセッティングをしました。

車高が決まり1G締めです。

1G締め作業

1G締め

この車両の1G締めは結構大変なんです。今のGSとRC、新型クラウンはまだリアアッパーに苦労します。
締め直しをおこない取り付け作業完了です。

車高の高さ

RC350 ノーマル ローダウン

車高は結構低い仕上がりですが希望はもっと低いです。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

さて最後に四輪アライメント調整です。

リアのキャンバーは調整ができないためナチュラルに3度30分ほどのキャンバーがついています。
硬めの動きをする車高調なので内減りは出てくると思います。
フロントのキャンバーも少し多めですが車高調の動きであれば走りには問題ない数値です。
今回はDRS車なのでリアのトーの動きもあり余計にタイヤへの負担は大きいと思います。
キレ角もありますので基準値内で数値変更をおこないました。

フロントもトーの方を調整して四輪アライメント作業完了です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

さて純正のAVSの切り替えですがさすがに純正ほどの動きの違いはない感じがしますね。
サスペンションの動きの少なさもありますので感じ方としてはそうなりますね。
高速走行だと感じはよくわかりそうです。
高速走行重視や街乗り重視で全体の減衰力を調整するともっと乗りやすくなるとも思いました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。