車高調整などをこなっているそうで今回は1Gの締め直しと四輪アライメント調整のご依頼をいただきました。

車高調はTEINさんの車高調です。

 

さてまずは1G締めです。

1G締め作業

1G締め

サスペンション部分を1G締めを行っていきます。
下回りもブレスバーなどが装着されています。G’sのアームにクスコのアームです。
フレームに取り付けするものは取り付けの際に1Gで締めるのが基本になります。今回は四輪アライメントに影響がでそうな部分は締め直しをしておきましたがこういった部品の取り付けは最近の車両はシビアになりますのでしっかりとした取り付けをしないと逆に悪影響がでます。

ブッシュも締め直しをおこない四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

一度調整をされている感じの数値ですね。

さて今回はリアのキャンバー量が多いのとフロントのキャンバー量もタイヤに対しては多いため変更していきます。
TEINさんの車高調は動きもありますので十分基準値内のキャンバーでも走れます。
フロントは純正ボルトなのでガタで調整していきますが30分程度の調整幅はありますので問題ない数値までは調整ができました。

リアのキャンバーは調整が不可なので気になる場合はアーム交換がおすすめです。

トーの数値で少しでも遅くできるように調整しました。

さて調整完了で試乗です。

 

TEINさんの車高調はちゃんと取り付けをすればノーマルのように動きます。
今回はフレームを固めるバーが多数ついていますのでサスペンションの動きに余裕がある車高調にはフレームの固さが逆に出てしまいます。
サスペンションに合ったボディ補強がよいと思います。
トータルバランスが大事ですね。
TEINさんの車高調の減衰力を上げれば対応できるところまでいけるかもしれませんね。

それではこの度は兵庫県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。