JeepのレネゲードにJAOSさんのアップスペーサーの取り付けです。
レネゲードは4輪ストラットの車両なのでスプリング交換よりアップスペーサーの方が乗り心地の変化は少なくて済みますね。

アップスペーサー

アップスペーサー取り付け作業

フロントアップスペーサー

まずはフロントのアップスペーサーの取り付けです。
ボディとアッパーマウントの間にスペーサーを入れるのですが当初はアッパーマウントのボルトだけ外して下げて間に入れれば簡単と思っていましたがそこまで下がらないのでサスペンションは取り外してアッパーマウントにかぶせてもう一度車体に戻しました。
サスペンション交換作業と変わらない作業をすれば取り付けはできます。
運転席側はそれでも結構取り付けの隙間はギリギリですね。

リアップスペーサー

リアも同じくです。
リアは+アンダーライナーも外さないといけません。
サスペンション交換のみなら間からできますがスペーサーを入れるには隙間がたりません。

アンダーライナーの脱着に少し戸惑いましたが無事取り付け完了です。
外して取り付けをして戻します。

1G締め作業

1G締め

今回はリフトアップ作業なのでストラットボルトもねかす方にセッティングをおこないます。
リアはインプレッサGDB見たいな感じのサスペンションです。
ボルトのサイズや種類が国産とは違いますので結構いろいろな工具が必要でした。

リフトアップ

車高はフロントが30mmアップリアは25mmアップでした。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

試乗後の四輪アライメント調整です。
四輪アライメント調整箇所は前後のトーとキャンバーの調整をおこないます。
キャンバーの数値は基準値中央付近にセッティングができました。
キャンバーは動かせる量が少ないですがそれでも左右差はかなりなくなりました。

トーは現状のタイヤの状態を見ての作業になりますがロアアームの角度の変化でキャンバーの動きも変わってきますので少し数値は変化させて調整をおこないました。

 

リフトアップと四輪アライメント調整後のインプレッション

直進性が結構強めの車両ですがトーの変化でもさほど気になる変化はでずに調整ができたと思います。
ストローク自体の変化はないので走りとしてはノーマルです。
もともとしっかりしているサスペンションなのでリフトアップでのふらつき感はさほど感じませんでした。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

アップスペーサーの取り付け25000円(税別)四輪アライメント調整15000円(税別)