本日は三重県より車高調取り付けと四輪アライメント調整でご来店ありがとうございます。

車高調はブリッツのZZRダンパーですね。中古品になりますのでまずは確認からおこないます。

ブリッツ車高調 AGH30W

説明書がないので詳細が正確にはわかりませんのでセッティングは当店のセッティングでおこないます。

部品で車高調のフロントのブラケットとロックシートの間に入っているロックシート緩み止めのワッシャがない気がします。あとはリアのスラストシートがありませんでした。

スプリングシート無し 

装着は可能なので取り付け開始です。

車高調取り付け作業

ヴェルファイア 車高調 

説明書がないと基準がないのでまずはすべてのブッシュ類を緩めて取り付けしていきます。
フロントはコンプリートなので締め付けトルクの確認をおこないプリロードは左右決めてとりあえず取り付けします。

ヴェルファイア バンプラバー加工

リアもブッシュを緩めて取り付けをします。
今回のご要望の高さはリアの車高が指1本ほどで低重心に見えるようにです。
なので指1本でもきつめで行う予定です。
そうなると乗り心地の問題をだすのはバンプラバーになります。
ブッシュの稼働をしっかりさせるとバンプまでの到達距離、時間はしっかりしないと乗り心地に影響がかなりでます。
ブリッツのショックにバンプラバーが入っていますのでそちらを使うセッティングでもよいのですが車重を考えると役不足なので純正をしっかり加工します。

ブリッツもよく取り付けをしますのである程度の高さはわかっています。
おおよそあと1cmアジャスターを残して車高を決めます

リアに合わせてフロントの車高を決めて車高がきまれば1G締めです。

1G締め作業

1G締め

フロントはロアアームの締め付けです。

リアはマルチリンクのアームはすべてブッシュになりますのですべて調整をおこないます。
その時点で前後のストロークを確認します。
フロントのプリロードは問題ない感じですね。
リアもバンプカットでの隙間とショックのストロークを考えてショックの長さを調整していきます。

1G締め完了で車高調取り付けの完成です。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

AGH30W 四輪アライメント調整

四輪アライメント調整は前後のトーとフロントのキャンバーです。

リアのキャンバーはナチュラルに3度ほどついていますのでタイヤのことを考えるとアッパーアームは交換おすすめ商品にはなりますね。
今回はトーの数値の変化で安定感をすこし削ってでもタイヤの減り方を考えていますので少しは良いと思います。

フロントに関しましては車高で走りやすいキャンバーは残しつつもの数値で調整をおこないました。

数値もきれいになりましたので試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

車高調の動きはありますがリアのボヨ付き感がある感じがありますね。
減衰を上げると固さがでますしこれは難しい所です。
スプリングの仕様が気になるのでショックどうのではなさそうな感じがあります。
フロントも同じくですがストロークが無いわけでは無いので乗りにくいわけでもありません。
段差でのバンプの感じも前後悪くないでの段差での違和感はありません。
中古品なのでどれくらいの寿命があるのかが少し気になりますが異音等は現状ではありませんでした。

ヴェルファイア ローダウン

それではこの度は三重県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)