プリウスにビルシュタインの車高調とG’sブレスバーの取り付けをおこないます。

ともに中古の商品になります。

ビルシュタイン車高調

アッパーマウント等は純正部品新品をご用意頂いておりますので組み込みをおこないます。

アッパーマウントのカラーのみがなかったので現在の物を使いました。

その他リアショックのカラーが足りませんのでリアショックは今回は取り付け無しでおこないます。

リアショックのカラーはご説明しエナペタルさんで直接ご購入できるお話をさせていただきました。後日ご連絡いただきご購入できたそうでうす。

エナペタルさんはビルシュタインのO/H等を行っていますのでO/Hご希望の方はオススメですよ。

 

G’sブレスバー

ブレスバーは純正です。G’sの部品でこちらも中古になりますね。結構な数のフロアバーになります。

車高調取り付け作業

フロント車高調

車高の高さある程度の指定がありますのでその寸法に調整をおこなっていきます。

今回は中古品なので基準で組んでどれくらいなのかチェックして変更していきます。

スタビリンクも同時交換です。

タワーバー

フロントのタワーバーも同時に装着をおこないます。

こちらは新品の商品です。かなりのボディ補強になりますので硬さは若干でてきそうです。

リア車高調

リアはショックは今回はノーマルです。

ビルシュタインのリアスプリングは直巻のスプリングになります。乗り心地に不満が出た場合はスプリング交換でも対応できそうです。

ブレスバー取り付け作業

G'sバー

フロント回りのブレスバーです。

純正なのでどの部品なのかわかりにくいですがスタビが付く場所のプレートが一体化されるのとフロントに伸びるセンターのバーがかなり強度アップになっています。

リアブレスバー

リアは三角形というかひし形に取り付けします。

カバーは一部付かなくなります。フロアの合成は上がりそうですね。

プリウス プリウス

車高の高さもきまり試乗です。

中古品はここまで異音等があるかがわからないです。この車両の部品は異音はなしですね。

乗り心地はやはり少しかたい感じがでていますがしっかり走れますね。今回は四輪アライメント調整が無いです。

次回リアショックの交換と四輪アライメント調整ですね。

 

それではこの度はありがとうございます。