トヨタ純正のG’sの純正の足回りも取り付けします。純正でも最近はこういったスポーツモデルの足回りがあります。流用も面白いですね。

ノーマル車両との変化はどれくらいの物でしょう。

G’s純正サスペンションセットの取り付け

G'sサスペンション

ショックにもG’sのステッカーがはられていてスプリングは赤色ですね。

ショックはKYB製でした。

KYBのローファースポーツとどのように違うかも気になりますね。

フロントサスペンション交換

フロントサスペンション交換

まずはフロントの交換です。

ノーマルを外して取替ですがショック自体の長さは同じでした。そのまま入れ替えです。

取り付けしてアッパーアームやロアアームのブッシュを緩めておき1G締めに備えます。

 

リアサスペンション交換

リアサスペンション交換

続いてリアのサスペンション交換です。

こちらも長さは同じです。

スプリングの始まる位置が左右で違いますので純正と同じ向きになるよう取り付けします。

リアも同じくブッシュを緩めます。マークXのサスペンションはクラウンと同じ形状なので最近のトヨタのセダンはほぼこの足回りですね。

 

1G締め直し

1G締め直し

車高の変化は1.5cmほどですがしっかりと1Gでの締め直しをおこないます。

これが車高の変化が無くても足回り交換時はしっかりおこないます。

なぜ?って思われますが新車でも1Gでの締め直しの交換がある車両はいっぱいあります。

また知らないうちに乗り上げてブッシュのスリーブが動いてしまっているなどありますのでしっかりサスペンションを完了させるのは1G締めをおこなって完了になります。

車高の高さ

マークX
ノーマル車高
マークX
G’sサスペンション取り付け車高

 

車高は2cm近くダウンしています。

さて交換後の試乗です。

乗り心地は純正の用にストロークはありますので大きい段差は少し反発力強めです。

コーナーに関しては純正らしい感じはしっかりありますが反発力の強い分安定感もある感じがします。

G’s車両はショックとスプリング以外にもボディ補強パーツがついています。ボディの動きの違いでで直進はG’s車両の方が少しかっちり感を感じます。

色々純正でも流用してみると面白い車両になりますね。

 

次回は四輪アライメントです。

 

それではこの度はありがとうございます。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換16000円(税別)