ヴェルファイアにタナベさんの今回はDF210の取り付けです。

同時に玄武さんのバンプラバーも装着をしていきます。

現在はブリッツさんの車高調BBとロールセンターアダプターがついていますがすべて外して交換をしていきます。
BBは異音がすごいので交換に踏み切られたそうですよ。

 

ダウンサス取り付け作業

まずは事前に組み付けできますのでDF210を組み付けをしていきます。

車高調が付いていますので付けたままの方がショートストロークになっていますのでロールセンターアダプターは変えやすいです。

抜き取られている純正のボルトもご用意されていますので取り付けをしていきます。

スプラインをはめて油脂を脱脂して取り付けしていきます。
ノーマルに戻したらサスペンション交換です。


これでフロントの借りずけ完了です。

リアも同じく交換をしていきます。

ショックとスプリングにバンプラーも交換をしていきます。
ブッシュをすべて緩めて作業をすれば簡単です。
交換して1G締めをおこなっていきます。

 

1G締め作業

さて締め直しをしていきます。
フロントのロアアームとリアの各部のブッシュを締め直しして取り付け完了です。

 

試乗ですがトーの数値がひどすぎて走れませんのでこのまま四輪アライメントです。

 

四輪アライメント

やはり車高調を戻してロールセンターアダプターを戻すととんでもない数値です。
まずは調整をしていきます。

リアのキャンバーはかなり多いのでこのまま乗られるのであればリアのキャンバーアームはエディーファクトリーさんのものに変えられるのがよいかもしれませんね。

 

トーの数値やフロントのキャンバー数値を変更して調整をしていきます。

 

ダウンサス取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

DF210はバンプカット量カットしてもバンプタッチしています。
ストロークを出すようにカットするとかなり柔らかくなってしまいますので今回はメーカー指定です。
現在はカットしてグリスアップをしていますので異音は無いですがグリス切れになるとハンドルを切ると「コッコッコ」って言う音がでてきます。
事前にお伝えはしておきましたが気になるのであれば対策はバンプカットとなりますね。
バンプラバーもメーカー開発時のコンセプトがありますがこのスプリングは基本ファッション性重要視のバネです。こういったところにはすこし問題もありますね。

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。