現在ブリッツの車高調装着車で

フロントのアッパーマウントとリアのショックの上下の強化ゴムの交換と1G締めと車高調整です。

 

この作業って車高調交換作業と全く同じになります。

まずはサスペンションをすべて外して交換をしていきます。

フロントのアッパーマウントとベアリンクの交換です。
アッパーマウント交換時この商品は車高の変化がでそうな部品ですね。

リアも同じくブッシュを変えますが結構リアも大変です。

まずは交換して車高を見ていきます。
5mm程度アップしましたがご希望まではもう少しアップです。
リアも同じく車高を調整していきます。現在は全下げですがそれより上げていきます。

さて車高も決まりOKのハズですがハンドルを着るとゴムの擦れるギュッギュって音がします。
交換したものはモンスターのアッパーマウントとベアリングです。
ワッシャを抜けと書いてあるので抜いてつけていますがもう一度外してワッシャを入れてみます。
それでも止まりません。次は薄くグリスを付着させます。それでも止まりません。
となるとこの部品をつけたことによる影響を考えます。
この部品がゴムの大きさが違いますので取り付けをするとボディより上のセンター止めの部分の隙間がなくなります。
となると当たる面がでてきてその部分からの可能性が高いと判断して今度はボディより上の純正部品のアッパーシートをグリスアップ、正解でした。異音解消です。
走行距離が210000キロなのでこの部分にも劣化があるので次回はこの部分の交換がよいのかもしれませんね。

構造とブッシュの使い方の違いを勉強させられた一台でした。

異音解消で四輪アライメントです。

 

四輪アライメント

四輪アライメントは前回と同じ数値でのセッティングです。

アッパーマウント部分にダイレクト感がでますので動きのスピードはより速さを感じますがサスペンションが動きている感じはしっかり実感ができるようになりますが元々車高調なのでリフレッシュ交換と考えた方がよいかもしれませんね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。