アルファードにタナベのスプリングの取り付けです。

現在はHKSさんの車高調でローダウンされていますが乗り心地が気になるそうです。

HKSさんの車高調は乗り心地良い感じでいつも仕上がりますが試乗をしてみるとかなりのボヨボヨ感と突き上げ感があります。あまり乗られていないのにこの乗り心地はかわいそうですね。

 

まずはダウンサスの変更をしていいます。

ダウンサス取り付け

フロントの乗り心地は悪くはさほどかんじませんでした。
多分推奨で組んでいる感じなんでしょうね。

まずはショックにスプリングを組込んで交換をしていきます。

特別取り付けに問題もなく交換完了です。

リアです。

まずはダウンサスに交換をするため各部を外していきますがロアアームのカムのボルトがしまっていないですね。マーキングがしてありましたがずれていますね。緩む可能性もありますので締め忘れかはわかりませんがいつも緩める時はある程度のトルク覚悟で歯を食いしばって緩めるのでびっくりしました。
その他の箇所は純正を緩める感じのちからだったので締め直しは行っていない感じですね。
リアに関しては1G締めがしていないストローク不足が原因でこのボヨ付き感があるのだと思います。
またタイヤの空気が少ないためタイヤでの吸収が多く車高調の動きができていないのも1つですね。

さてスプリングを交換していきますがスプリングの受け皿のゴムが変わった感じで加工がされています。
HKSさんの車高調は加工してつけるのでカットは問題ないのですがせっかくカットして台座を回せるようにしているのにスタート位置が全く違うのでこれではカットした意味がない感じです。

もう少し取り付けをしっかりした方が良さそうですね。これではHKSさんが可愛そうですね。

さて交換して1G締めです。

1G締め作業

ブッシュを開放してしっかり全箇所締め直しをしていきます。

この作業でもかなり乗り心地が変わります。

NF210でもお車の乗車定員が多い方などは玄武さんのバンプラバーをオススメいたします。

 

車高の高さ

HKSさんよりは車高は上がりましたがご本人様も現状より上げたいそうなので良かったですね。

 

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

この調整でも走りやすさを考えていきます。

調整箇所はフロントのキャンバーと前後のトーとなります。
リアのキャンバーは多少多いですね。車重によるキャンバーの減りは回避は難しいので内減りは出てくる思いますのでタイヤは内側を確認してください。

前後のとーの数値も変更して作業完了です。

 

NF210取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

乗り味は純正よりしっかりした感じがでていてノーマルタイヤ仕様で良いのりあじです。
ちょっとノーマルは頼りない感じがする方にはよいのではないでしょうか。

直進性もかなり良い感じに仕上がっていると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 ダウンサス取り付け17600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)