アルファードの車高調の車高調整やアッパーアームノーマル戻しなどの作業です。

 

ご来店時はかなりの低さとキャンバーでのご来店でした。

 

車高調整

車高調はブリッツ車高調BBです。
リアの車高が上がらないのでまずはリアより作業をして車高を合わせていきます。

リアは全上げでもご希望の車高まではいくかどうかはわかりません。

さて調整していきます。
まずはアジャスターを外して調整をしていきます。
ショックの長さは最短になっていますのでまずはストロークを作って調整をします。
同時にアッパーアームを純正に戻していきます。

1cmほど短縮加工されているアッパーアームですね。

リアは車高を変えることはありませんのでこのまま1G締めを行っていきます。
同時にストロークを調整してリアは完成です。

フロントです。
フロントはピロアッパー仕様でネガに前回に調整がされていますのでまずは変更をしていきます。
同時に異音があるそうでアッパーマウント部分の締め付けも見ていきます。
運転席側はトルクが低い感じでした。

車高を調整して調整作業完了です。

車高調を取り付けするより時間がかかった気がします。
見直しなどもありましたのでやはり時間はしかたないですね。

四輪アライメント調整

最後に四輪アライメント調整です。

フロントのピロアッパーマウントも位置をノーマルまで戻していますので数値はかなりの数値になっています。
しっかり調整をしていきます。

リアは車高が全上げでも指が入らない程度になりますのでそれなりのキャンバーはついていますね。
トーの修正をしていきます。

フロントはキャンバーはローダウン分を残してトーを修正して作業完了です。

 

試乗です。

フロントは乗り味は少しボヨボヨ感はありますが減衰力は現在中間なのでもう少しセッティングを煮詰めればノーマルタイヤホイールでも乗れそうな感じです。

リアの動きは良い感じになりましたので走りやすさはかなり出たと思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。