パジェロの四輪アライメント調整と1G締めです。

ショックアブソーバーをビルシュタインに交換されたそうです。
前オーナーが砂浜をよく走っていたそうで悪路走行をしている車両だそうです。

1G締め

まずは1G締めです。
この型のパジェロはまだリアは独立タイプのサスペンションではないんですね。
1G箇所は車両を確認しながら行っていきます。
いつもはよく見る車両のサスペンションなので作業も早くできますがあまり見ない車両は時間がかかります。
必要箇所をしっかりおこないます。
1G締めをおこない四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整です。

ノーマル車両ですが数値に若干の左右差があります。
調整可能箇所はフロントのキャンバーとトーの調整が可能です。
リアに関しましては少しずつボルトのガタで基準値許容範囲内には収まりました。
フロントのキャンバーの調整はシムの調整になりますがフロントの左右に入っているシムのサイズが違うのでシムで動かすと数値がもっと悪くなりそうなのでアーム部分のガタなどで少しずつ合わせて数値を整えます。

ハンドルセンターは結構大きくずれていましたので修正しますがタイロッドがかなり硬く回すに一苦労です。
できる限りまで修正して作業完了です。

1G締めと四輪アライメント調整後のインプレッション

ショックの動きがかなりわかるようになったと思います。
ビルシュタインのショックって感じの走りになったと思います。
少しの変化でも車両の変化は大きいと感じた車両でした。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 1G締め6000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)