ビルシュタインの車高調の取り付けとタワーバーの取り付けです。
車高調はエナペタルさんでオーバーホール済みでの取り付けです。

車高調取り付け作業

まずはフロントの車高調です。
車高調自体の取り付けは外すものを外せばさほど大変な作業ではありません。
ですがタワーバーが問題でした。写真は撮り忘れましたがマスターシリンダーストッパー付きのモデルで位置が全然あいません。ストラットボルトの部分を動かしながらなんとかつきました。
i(アイ)はアッパーマウント部分のネジの締め付けには色々外すものが必要なためその度に外してはつけての繰り返しでなんとかつきました。

リアの取り付けですがリアはRIGIDさんで特注でスプリングを巻いてもらっているそうです。
スプリングの自由長が足りませんがお客様の知っての事でしたのでそのまま取り付けをおこないました。

車高の高さはリアは調整式ではないのでフロントをリアの高さに合わせて調整をおこないました。

車高が決まったので1G締めで各部ブッシュの締付けををおこないます。

締め付け完了後試乗して四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

キャンバーボルトを装着していますので試乗時はかなりの数値で走れるギリギリでした。

i(アイ)の調整箇所はフロントのキャンバーとトーの調整になります。

キャンバーボルトでキャンバーはできるだけネガにしてほしいとのことなのでネガにしてキャンバーボルトで2度くらいまでできました。トーの数値は0に調整して作業完了です。

ビルシュタイン車高調と四輪アライメント調整後のインプレッション

エナペタル仕様で現状のスプリングレートにマッチングを合わせておられますのでスプリングに対してのマッチングがかなりいい感じです。MRはあまり運転する機会もすくないのでより良いセッティングは中々難しですが今後の基本になるといいと思うデータになっています。
ハイレートでもショックでこんなにもしっかり感がでると感じました。

それではこの度はありがとうございました。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 車高調取り付け16000円(税別)タワーバー取り付け別途工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)