86にHKS ハイパーマックス MAX IV GT Spec-Aの取り付けです。
最近SpecAを選択される方が多い気がします。

MAX IV GTをベースに最新理論でリセッティングした究極のストリートサスペンション

「アフターマーケットにおけるスポーツサスペンションはこういうもの」。そういった概念をリセットし、現時点でストリートスポーツサスペンションとして最もふさわしいものは何かを考え、形としたのがこの「MAX IV GT Spec-A」です。
走り出した瞬間から感じられるマイルドな当たりと奥深い乗り味を是非体感してください。

引用元:HKS様 ハイパーマックス MAX IV GT Spec-A

通常のGT4に比べて開発がプロドライバーになり煮詰められている商品です。

ハイパーマックスGT4スペックA

減衰力は推奨で車高の高さはご希望数値に変更をおこない作業開始です。

車高調取り付け作業

フロント車高調

86(ZN6)はフロントはストラットモデルになりますので交換はいつもの通りです。
ABSクリップも移植して取り付けします。
ロアアームブッシュもゆるめておいて1G締めの準備もしておきます。

HKS車高調

リアはマルチリンクです。スバル車と同じですね。
後期型なので最初から86ボルト装着済みです。
リアはブッシュをすべ緩めてアッパーマウントのボルトを外せばそのままアームをはずさず抜けます。
あとは車高調に交換し車高を決めて1G締めをおこないます。

1G締め作業

1G締め

1G締めの作業をおこないます。
リアの各部ブッシュ部分にフロントのロアアームのブッシュを締め直しします。
乗り心地の変化もありますししっかり車高調の動きも引く出すことができるようになります。

車高の高さ

86 86

サスペンション交換作業が完了したら試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

 

86 四輪アライメント

フロントのロアブラケットのガタとピロアッパー調整式マウントでの調整が可能です。
仕様は街乗りなのでまずは基本セティングからです。
前後のトーもしっかり修正して作業完了です。
リアのキャンバーは若干多めですが車高調のストローク調でしたら車高調の速度域では問題ないキャンバーの量でした。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

街乗りでは少し固さは目立ちますがそこはスポーツカーです。
スポーツカーの走りを考えれば程よい感じです。
さすがに動きはかなりいいです。走りたいって感じがしてきます。
サーキット仕様のSPモデルではないので高速道路やワインディング走行での安定感や楽しさはかなりありそうな感じがしました。
HKSは色々なステージで種類を分けていますので開発がしっかりしている印象がありますね。

それではこの度はありがとうございました。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額

車高調取り付け金額18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)