ヴェルファイア AGH30WにタナベNF210の装着です。

NF210

タナベさんのスプリングで乗り心地重視の方のスプリングです。
ダウン量はそこまでは無いですがダウンサスであれば乗り心地を考えるとこれくらいの車高かなって所までは下がります。

NF210ダウンサス取付作業

NF210取付

フロントのストラットを外してダウンサスを装着します。
バンプラバーのカット量はタナベさんは箱に書いてありますが今回の箱にはカット無しの指定です。
指定通りでいきます。

リアスプリング交換

リアのダウンサス装着です。リアも同じくバンプカット指定なしなのでカットは無しで取付です。
AGH30Wからはリアはマルチリンクになりすべての箇所がブッシュになりますのでブッシュに突っ張りがでないようにしっかり締め直しを全箇所おこないます。

1G締め作業

1G締め

ヴェルファイアはリフトの都合上前後別々でおこないます。
当店の効率化です。
ブッシュをしっかり伸びも縮みも同一に動くことにより走行の違和感をなくしマイルドな乗り心地になります。

試乗後に四輪アライメント調整実施です。

車高の高さ

ヴェルファイアANH30W ヴェルファイアNF210取付

思っていいた以上に車高が下がりました。DF210ですとこれより下がるという事ですからダウンサスのファッション重視というのもわかりますね。

四輪アライメント調整

ヴェルファイア四輪アライメント

サスペンション交換で数値が大きく変化していますのできちんと走れるようにセッティングです。

リアのキャンバーはローダウン分は少し多めになっています。
今回のセッティングもいつも同様のセッティングです。
フロントのキャンバーはホイールの出面が少し厳しそうな感じがありますので少しだけ多めのセッティングです。
フロントの内減りは問題無いですがリアの方が少し内減りがでそうな数値なのでトーの数値を少し変化させて緩和できるようにセッティングしました。
すべての箇所の調整をおこない試乗です。

NF210取付と四輪アライメント調整後のインプレッション

乗り心地は純正よりかなりマイルドになっています。
柔らかさは純正並みなので乗り心地の変化は少ない感じのスプリングです。
タイヤとフェンダーの隙間を少なくしたいけど乗り心地の変化はさほどいらないって方にはおすすめです。
1G締めによりマイルド感があり後部座席の方の乗り心地も確保できていると思います。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

ダウンサス(NF210)取付18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)