レクサスISにマークXのG’s用のサスペンションキットを流用取り付けです。

G'Sサスペンション

商品の方はコンプリートですが見た目はかなりきれいな商品でした。

現在のISのサスペンションがふわふわするので違いがでればという事でご購入されたそうです。

気になるのは乗り心地もありますが車高の変化ですね。

サスペンション交換作業

フロントサスペンション

フロントです。ISもマークXもサスペンション構造は全く同じ構造なので取り付けは問題無いです。

フロントのサスペンションの長さを図って見ると1cmほどフロントはG’sの方が長いです。

G'sサスペンション

リアも構造は同じです。

リアのサスペンションの長さはフロントとは逆にG’sの方が2.5cm短いです。

長さの違いが車高にどう違いが出るかですね。

1G締め

1G締め

すべてのブッシュを1Gで締めてショックとスプリング交換の完了になります。

締め直しを終えて車高はどうなったかですが

ノーマル 車高

車高はフロントは5mmダウンのリアは2.5mmダウンになりました。

フロアはジャッキポイントで図るとフロントの方がまだ5mm低いです。

感じ的にはIS-Fなどと車高の感じが似ていると思います。

今回は同時にパット交換とローター交換もありましたので交換です。

ブレーキ

ローターはディクセルでパットはフロントがトムスでリアがbremboです。

現状のブレーキローターがかなり錆びていましたので同時交換で良かったと思います。

ブレーキパット

すべての部品交換完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

車高の変化もありましたので数値も結構狂っていました。

試乗時も予想通りの感じでしたので数値の変化で安定感は取り戻せると思いました。

前後のトーの調整が可能なのでしっかり調整をおこないます。

車高の変化があり、下がった分だけキャンバーがついていますが基準値範囲内には収まっています。

すべての調整が終わり試乗です。

 

G’sサスペンション取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ISの純正はトキコのショックでG’sのサスペンションはKYB製です。これでも乗り心地に違いがあります。

試乗した感じはショックの収まりがかなり早い感じに感じました。その分動きがスポーティになっている感じがします。

ふわふわ感が気になるっていうのは改善されていると思います。

車高の変化により前荷重ではなくなっているのも乗り心地の変化に影響が出ていると思います。運転しやすくなったと思いました。

四輪アライメント調整で気になっていた感じもなくなりました。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

サスペンション交換16000円(税別)四輪アライメント調整