ヴェルファイアハイブリッドのリアにWINコーポレーションさんのスライドキャンバーキットと言う商品の取り付けです。

商品説明にはキャンバーの調整が可能と書いてありますがこのパーツのみではキャンバーの調整はできません。

車高調整

この部品はアッパーアームなのでキャンバーの調整をした際にトーの数値が入らない場合にトーの数値を補正する目的での使用です。

一番の目的はリアのストロークの解消です。

ロアアームをこの商品は5cm下に下げますのでその分ストロークができます。車高も5cm下がります。

現状タナベさんの車高調が全下げで取り付けされています。

アジャスターの調整幅は3cmです。レバー比も考えると車高はギリギリ現状維持ができるかぐらいですが1G締めがもともと行われていないそうなので多分予定より下がってしまいます。

WIN

ロアアームが下がりますね。ネジ穴はトーの調整を変更すると純正カムで調整が厳しくなりますので中間で取り付けです。

1G締め作業

1G締め

1G締めで車高の変化は多分でてしまいます。ライドハイドを図っても計算するとおおよそ1cmのダウンです。

締め直し後車高を図ってみると1cmダウンしていました。

前後フロアのバランスは平行なので今回はこのままフロントの変更はしないでおこないます。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

前回も四輪アライメントを実施しておりますが今回はリアの作業とプラスフロントにもキャンバーボルトを装着して来られたそうです。

ハンドルセンターもずれてしまっていてトーの数値も違います。

フロントはキャンバーをキャンバーボルトで調整を行おうと思いましたが調整が全く効きませんので長穴としての調整方法に切り替えて調整をおこないました。

フロントは2度でリアのキャンバーは3度以上です。この状態でのハイブリッド車ですとタイヤの摩耗はかなりのものになります。

車重がかなり重たいので内減りは避けられません。一番最善な数値でタイヤに負担が出にくいように調整をおこないました。

 

ロールセンターアジャスター取り付けと四輪アライメント調整後の試乗

リアのストロークもありますしブッシュも正確な位置になりましたので乗り心地もすごくマイルドになりました。

現状21インチですがかなり走りやすくワゴンのようにゆったり乗れるようになっていると思います。

タイヤは車重からいいますと内減りはかなり早いと思いますのでタイヤは内側を確認してくださいね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

1G締めとリア車高調整とリアロールセンターアジャスターの取り付け11000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)