ハイラックスサーフのリフトアップです。

お持込の商品はTGSのスプリングFJクルーザー用にランチョのプロコンプ9000番です。ラテラルロッドも同時に交換をおこないます。

TGSのスプリングはフロント3インチ、リア2インチと書いてありましたがFJ用なのでもっと上がりそうです。

リフトアップ作業

フロントに関しましては巻ピッチがかなり細かくなっています。ショックはランチョで純正より少し長いショックになっていました。

TGSのスプリングはデリカによく取り付けしますが乗り心地の良いスプリングです。

プロコンプは結構柔らかいショックでロードには結構不向きですがセッティングはどうなるでしょう。

リアのショックは上側のブッシュの大きさがランチョに入っていたものは大きさが違い純正品を再使用して取り付けをおこないました。

下側のブッシュ部分も長さが違うので締め付けでも締めきれません。大きさの違いでは無く長さの違いなので異音なさそうなのでこのまま取り付けをおこないます。

スプリングの長さは純正よりかなり長いです。

ラテラルロッドを取り付け1G締めをおこないます。

1G状態でストローク長を見てみるとフロントはほど伸び側のストロークはありません。リアはゆとりがあります。

プロコンプのショックはかなり柔らかいので伸びた時の揺れがでそうな感じがします。

試乗です。

やはり伸び側は少し無いですね。ショックのロッドが長い感じだったので縮み側のストロークは街乗りでは必要無いくらいあります。

オフロード走行を前提ならではのショックですね。

車高の高さ

車高の高さはかなり上がっています。フロントは10cm以上のリフトアップになっています。

試乗後四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

さすがにこの高さまで上がりますとアッパーアームもショックに当たりそうな限界の所です。

キャスターも補正できるアッパーアームがほしいとことですね。

トーの数値もかなりの数値になっていますので試乗時もまともに走れませんでした。運転が危ないレベルです。

さてフロントはトーとキャスターとキャンバーの調整がすべてできますので現状のリフトアップも考えて調整をおこないます。

アームの長さにも限界がありますので調整できる範囲で重点に置く部分を決め調整をおこないます。

数値は左右差も無くきれいになりました。

 

リフトアップと四輪アライメント調整後のインプレッション

車高が上がり目線はかなり高い感じです。大きい段差ではやはり伸び側が少ないので頭打ちしますね。TGSのスプリングは乗り心地はやはり良い感じです。あまりリフトアップの違和感は感じません。ショックは少し柔らかいのでロール感はでますが四輪アライメント調整前に比べればしっかり回れます。リフトアップすると固くなってしまう感じは無いです。

これからタイヤサイズも変更されるそうなので更に車高が上がりますね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

ショック+スプリング交換工賃20000円(税別)ラテラルロッド交換1000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)