ハイラックスのピックアップにJAOSの車高調キットの取り付けです。

フロントは約3cmほどの設定で作業をおこないます。

JAOS車高調

フロントは車高調でリアショックの交換です。

リアはリーフになりますがブロックキット等はなしです。

JAOS車高調取り付け作業

フロントサスペンション

アッパーマウントは純正の仕様のモデルです。

位置をあわせて組み込みます。スプリングの太さは純正より太いですが長さはさほどの変化は無い感じです。

1G締め

締め直しは1Gでおこないます。アッパーマウントたロアアーム、ショックなどを締め付けますがフロントのロアアームのキャンバー調整カムのナットがかなり固いです。

足回り形状はプラドと全く同じ形状なのでプラドのサスペンションも取り付けできそうです。

 

リア車高調

リアはショック交換だけですがフロントの車高に引っ張られてリアの車高の変化もありますのでしっかり1Gで締め直しをこないます。リーフなので締め直し箇所は少ないです。

車高の変化

ハイラックス 車高

3cmのアップですがそれでも見た目はかなり変わりますね。

リアの方がまだ2cmほど高かったと思います。

減衰力は柔らかめをご指定をいただきましたので推奨幅の柔らかい方にセッティングし試乗をおこないます。

リアの収まりが無いのでいたリーフの突き上げがかなりきます。なので減衰力は抑える方向に変更です。

だいぶ変化がでました。

四輪アライメント調整

 

 

 

ハイラックス

取付時より左フロントの違和感があった車両です。数値を出してみると交換したとはいえ左右差がありま過ぎます。

お客様に確認をしてみた結果やはり左フロントは大きい石にぶつけているそうです。

調整カムの違和感などはここから来ているのでしょうね。

トーとキャンバーとキャスターは調整が効きますので数値はしっかり基準値までは収まります。

今回は車高の変化がありますのでその分は補正して調整をおこないました。

 

走行での違和感は感じません。直進性も良くなりましたしカムの位置は多少の左右差はありますがハンドルには影響がでませんでしたので良しです。

乗り心地は減衰力次第ではもっと良くなる感じがします。リアは空車時は減衰が低いと少しつらい感じがありました。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしお願いいたします。