HKSさんのスタイルL車高調の取り付けです。

車高の高さはあまり低くはしたくないそうなのでHKSさんの推奨より1cmほど上げて調整をおこないます。

スタイルL

もともとこの車高調の推奨車高は3cmほどなので1cm上げで2cmダウン予定でおこないます。

HKSさんの場合は推奨がしっかりしていますのでほぼ実測でいけます。

HKSさんのラベルが前のタイプのラベルで在庫品を安くご購入されたそうです。

車高調取り付け作業

フロント取り付け

HKSさんの車高調は完全コンプリートです。なので車高の調整は一度ロックを緩めますがトルクがかなり高トルクなので緩めるのはかなり固いです。

中々DIYですときついですよ。当店でもいつも専用工具をかなり延長して緩めます。

リア取り付け

リアのサスペンションはRC系はリアはトーションビームになりました。皆さんリアの乗り心地に不満がかなりあるみたいですね。

ショックのストロークも今回は1G状態の時点で確認し変更をおこないました。

1G締め

この状態ですとストロークがわかりやすいんです。

締め直しをしっかりおこない取り付け作業完了です。

ブレーキパットも同時に交換をご依頼いただきましたので交換をおこないます。

パット

パットはディクセルのESパットです。EXTRA Speedって書いてあります。

いつもの粉の出にくいパットとは少し違う用です。

用途を見てみると

ワインディングからスポーツ走行、入門者向けサーキット走行会、ドリフト用、街中ハードブレーキング重視とかいてあります。

スポーツパットですね。

温度がどの状態なのか見ていなかったのでわかりませんが初期はどれくらいなんでしょうね。オデッセイだとそこまでハードブレーキングは必要ない気もします。

少し温度管理が難しいそうですね。

 

さて試乗です。

通常走行ではブレーキの変化はさほど感じませんでした。

車高調はリアはかなり動きが出るようになっていますのでリアシートの方もノーマルに比べるとかなりよくなっている気がします。

フロントに関しましてはしっかりした感じなので運転手は楽になりますね。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメントはフロントのトーとキャンバーの調整をおこないます。

リアの数値に関しては問題ないくらいの数値です。

フロントのトーとキャンバーをしっかり調整をおこないました。

車高調装着と四輪アライメント調整後の試乗

現在スタットレスタイヤなのでスタッドレスのハンドルの軽さと柔らかさが少しハンドルに感じますね。

ラジアルタイヤになるとかなり良い感じになりそうです。タイヤのことがすごくわかりやすい車高調です。

しっかり感はすごく良い感じで乗りやすいです。

車高

車高はそこまで低くはないのでギリギリタイヤチェーンが巻けると思います。ご確認はしっかり必要にはなりますね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)