先日お取り付けをおこなったKONIのCリング式のショックの車高調整をおこないます。

Cリング式なのでサスペンションをバラさないと調整ができません。

車高調整

Cリング

Cリングの溝は前後ともに現在はKONIの説明書のビルシュタインという所取り付けがしてあります。

その溝を一番下のオリジナルと言う所に変更をさせますが

溝の感覚がフロントは1cm以上下になり、リアは5mm程度です。

現状でも前下りなのでもっと前下りになってしまいます。

一度ご相談をして決行になりましたので変更をおこないました。

1G締め

1G締め

車高の変化がありましたので1G締め直しをおこないます。

車高の変化はブッシュにも変化がでますのでしっかりおこないます。

四輪アライメント

四輪アライメント

1cmでも数値はしっかり変化しています。

しっかり修正をおこないます。ロードスターは全箇所の調整が可能なので少しずくしっかり調整を行い作業完了です。

調整用のカムとボルトが結構傷んできています。

前回調整時に銅グリスを塗ってありますのでまだ良さそですが次回はボルト・ナットは慎重されるのが良いと思います。

 

四輪アライメント

車高は結構前下りになりました。

スタイル的にはスポーツカーですがリアの隙間は少し気になりますね。

もともとリアのストロークが少ない車両なのでそのためこのスタイルなんでしょう。

乗り心地はストローク長の変化なので少し変化がでましたね。柔らかさが出た感じです。

前荷重な感じは乗っているとさほど感じませんでした。

リアを下げるにはリアのスプリングの変更が必要になりますね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。