ブリッツの車高調 ZZ-Rダンパーの取り付けです。

先程のブログのマークXの方のお友達です。

同じブリッツの車高調なので車両の違いが体感できそうですね。

ブリッツ車高調

アテンザはフロントストラットモデルでリアは別体式のショックとスプリングになります。

車高は少し高めのセッティングでのご依頼をいただきました。

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずはフロントからの装着です。

ブリッツの車高調はブラケット部分が長穴加工されていますのでキャンバーの調整が可能です。

車高調自体はコンプリートですがすべて仮締めしかしてないのでしっかり締め直しをして取り付けです。

車高調取り付け

リアは別体式です。

スプリングのアジャスターで車高を決めますが全上げでご希望の車高より低くなりそうです。

ブッシュを緩めて車高調整をおこないました。

やはりリアの車高に合わせてフロントの車高を調整する形になりました。

1G締め直し作業

 

1G締め

車高を決めたら1G締めの作業です。

アテンザはほぼすべてブッシュの車両になりますので全箇所の締め直しが必要になります。

フロントはアンダーカバーの脱着が必要です。

取り付け完了後の試乗です。

マークXと似ている感じはしますね。似ていると言うのはブリッツって感じがわかる動きをします。

ストラットの場合はフロントは少し強度が気になりますが街乗りでは問題なしです。

車高の高さ

ローダウン

もともとが結構高いためこの車高でもかなり下がっています。

リアを全上げでフロントを合わせていますのでこの車高がブリッツの一番上っている感じですね。

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメント調整はフロントのキャンバーの調整と前後のトーを調整します。

フロントのキャンバーはタイヤのことも考え、ブリッツの車高の動きに合いそうなとことで調整をおこないました。

トーの数値はリアのキャンバーが多いので少し考えて調整をしてあります。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

全体的にまとまった仕様の車高調だと思います。街乗りでしたら車高も下がり十分楽しい感じで走行できます。

機敏な感じが運転を楽しくさせてくれると思います。

減衰力調整機能もついていますので色々触ってみてご自身に合う場所を探すのも車高調の楽しみの1つですね。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)