HKS車高調仕様のヴェルファイアAGH30Wです。

本日は滋賀県より車高調整と1G締め、四輪アライメントのご依頼をいただきご来店いただきました。

量販店様で推奨の車高で組み付けを行ってもらっているそうです。

まずは車高を測定して前後のバランスを整えます。

HKS車高調の車高調整

車高調整

HKS車高調はフルタップモデルの車高調です。

このモデルの場合は車高調整方法は銀色のロックシートを緩め固定してある金色のスプリングシートを回して車高の上下をおこないます。

車両の動きはケース長の変更だけになりますので動きの変化としてはさほどの変化がなく車高調整ができるのがフルタップの特徴ですね。

今回は最初の測定でフロアがリア5mm低い状態でした。これから1G締め直しでの車高のことも考えてフロントの車高調整をおこないます。

1G締め直し作業

1G締め

1G締めの作業です。

30系からはリアがマルチリンクになりました。

リンクの構造はほぼ大半がブッシュ構成なのでこの作業で乗り心地の変化はかなりでます。

今までブッシュが効いてショックの動きに違和感があったのでこれでショックもしっかり動くようになります。

減衰力もしっかり効いてくると思います。

ローダウン

車高は前後変更でのセッティングです。予測どおりの車高になりました。

試乗です。調整前にも試乗をしていますがリアに関しては動きが全く違います。

十分しっかり動いていますのでショック自体の収まりもよく感じます。

四輪アライメント調整

四輪アライメント

最後に四輪アライメントです。

30ヴェルファイアは前後のトーとフロントのキャンバーの調整ができます。

現在の数値は1G締めや車高の調整を行っていますので数値の左右差はありますね。

HKS車高調仕様のヴェルファイアの場合はリアの車高が推奨の場合はキャンバー量は少し多めですが安定感のでそうな数値です。

ですが車重で内減りは確実にでそうです。アーム交換レベルのキャンバーでも無い数値です。

アーム交換をするとダブルウイッシュボーンの良さは軽減してしまう可能性がありますので今後のタイヤの減り具合と相談が必要ですね。

 

1G締めと四輪アライメント後の試乗

リアの動きに落ち着きがでていますので安定感や車の揺れが全く違います。

リアは柔らかく感じますがショックの収まりがしっかり感じられます。

同じくコーナーでもしっかり動いていますのロールはありますが車の反応が全然違いますのでしっかり乗れます。

かなり印象が変わったと思いますよ。

 

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 車高調整1箇所1500円(税別) 1G締め直し6000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)