走行距離が20万キロということで今回はダウンサスと組み込まれているショックの取り付けのご依頼をいただきました。

6万キロほど使用したものだそうです。

サスペンション交換作業

RS-R

スプリングはRS-Rのダウンサス装着済みです。

フロント足廻り交換

ショックの中を見てみるとバンプラバーが砕けています。現状20万キロ走行の足廻りはバンプラバーがキレイでした。

なので今回は組み替えて装着をしてあげようと思いお持ち込みのショックをばらしてみるとショックは完全に運転席側は抜けてしまっています。しかも結構がたがたです。

助手席側は問題なさそうです。

 

ショックが抜けている

ショックが戻ってこないだけでなく引っ張ると異音もしています。助手席側はロッドがさびて腐食してしまっています。

現車に取り付けてあるショックですが外すときにショックのボルトにマーキングがされていました。純正のマーキングではないでのどこかでサスペンションの何かが交換してありそうです。

純正を外してショックを押してみるとちゃんと問題なく戻ってきます。

このままショックは再使用でフロントは行いました。バンプは車高を考えカットして取り付けを行いました。

フロントショック

フロントは交換完了です。現状のあるものでは最適に組めたと思います。

10系はアッパーマウントにも向きがありますので間違えないように取り付けです。

 

続いてリアの装着です。

リアの足廻り交換

リアはABSのセンサーが固着で全く外れません。

ハイブリッドのリアスプリングはかなり長いので外してアームを下ろしたかったのですが無理そうなので別手段です。

色々交換には方法がありますんので車両に応じて作業方法を変える必要があるんです。

リア足廻り交換

無事交換完了です。リアのショックはお持ち込みの方を装着しました。ついているものと押した感じはかわりませんでした。

あとは1Gでの締め直しをして作業完了です。

フロントは色々と組み換えをしていますので試乗で問題がでないかと心配でしたが特別な異音もなく走行できましたが四輪アライメントがかなりくるっている感じがします。

車高もかなり低いです。

車高の高さ

ノーマル車高
ノーマル車高
ローダウン
ローダウン車高

指1本ぐらいまで車高が下がっています。

ダウンサスなのでこの車高ですとストロークは確かにないですね。

 

四輪アライメント

四輪アライメント

10アルファードはストラットボルト部分にキャンバーの調整機能がついています。

調整幅は2度近くありますので交換時はかならず四輪アライメントが必要になります。

今回はキャンバーの量は基準値に近いくらいに調整をおこないました。それでもこの車両は50分ほどネガなんです。ローダウンでストロークが少ないと変摩耗がでるかもしれません。トーの数値もしっかり調整して作業完了です。

調整後の試乗ですが乗り心地的には通常のローダウン仕様と変わりませんのでショックの方が様子見が必要ですね。

走行距離が多いのでショックもいずれローダウンで使っていると負担は大きくなると思いますので交換が必要になってくるかもしれませんね。

それではこの度はありがとうございました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け金額 サスペンション交換工賃16000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)