先日ブリッツの車高調の取付をおこなったスカイラインです。

今回は持込タイヤとホイールの交換と四輪アライメントのご依頼ありがとうございます。

ホイールは35GT-Rのホイールですね。

タイヤ・ホイールの組み付け

タイヤ組み付け

GTRのホイールにタイヤの組み付けですがタイヤのサイズをスカイラインサイズに合わしていますのでかなりのヒッパリタイヤです。

空気圧は若干高めのセッティングです。

バランス取りもしっかり行い取付です。

フロントは30mmのKSPのワイトレを装着しての取付です。

この商品は強度がかなりあるスペーサーですね。

販売実績15年以上!ワイドトレッドスペーサーの老舗!
【KSPエンジニアリング】が究極を求めたスペーサーがここにあります!!

素材・寸法・技術・・・すべての項目において、
ワイドトレッドスペーサーのパイオニアとして蓄積したデータに基づいて最高の商品を完成させました。

素材は高強度純国産ジュラルミン(A2017S)材を使用しています。同じジュラルミン材でも 海外製素材は見た目では判らない成分のバラつきがあり強度が不安定なため、安定した強度を確保する為、 妥協していません。さらに、硬質アルマイト加工を施す事によりスチール材同等の表面硬度を得ています。

このREALワイドトレッドスペーサーは、車種別に適正寸法にて製作しています。
製品外径を小さくすれば、コストを抑える事は可能ですが、スペーサーは接地面積の大小が強度に関係してきます。 当社ではP.C.Dに応じて適切な面積を確保し、スペーサーの内径を車種専用に設計しています。 高精度機器にて製作、その精度は1/100㎜単位で管理されていますので、長期間使用しても問題ない信頼性と安全性の確保を 実現しています。
結果キズや変形も付きにくく重量級車輌・ハイパワー車でも装着可能な 理想的なスペーサーが完成しました。

引用元:KSP様 REAL Wide Tread Spaacer

 

 

R35ホイール取付

30mmは結構ありますね。出面はまた今後スペーサーでの変更が必要かもしれませんね。

 

ツライチ

リアもフェンダーヒットは無いですが少しでていますね。モール等が必要になりそうです。

ローダウン

車高は前下りをご希望とのことなので今回は10mm車高の変更を行っています。

ご希望の車高になった所で四輪アライメントです。

四輪アライメント作業

四輪アライメント

四輪アライメントは前後のトーとリアのキャンバーの調整が可能です。

リアのキャンバーは今回は純正アームでつけれるだけつけました。

見た目を重視ですね。

純正のアームでは4度ちょっとの数値までで左右差をあわせてトーの方をタイヤの負担がかからない用に調整を行っております。

スポーツ走行はしないのが前提の数値です。

スカイラインはいろんな乗り方をする方が多いのでどういった走りをするかでも数値を変えてます。

試乗です。

フロントは大きいバンプで少しインナーライナーにタイヤが干渉しますので少し減衰力を上げさせていただきました。

リアはフェンダー内側に逃げますので通常走行でしたら干渉無く走行可能でした。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 車高調整1箇所1500円(税別)四輪アライメント10000円(税別)