先日サスペンション交換をさせていただきましたエスティマです。

サスペンションはすべてノーマルですが交換後の数値はどのような変化がでているかですね。

サスペンション交換後の四輪アライメント

四輪アライメント

先日のサスペンション時には車高の変化が少ないので同時に四輪アライメントは実施せずに日を改めてのご予約をいただきました。

前回のサスペンション時にフロントのロアアームのブッシュは1Gを行っていまないので今回しっかりおこない作業します。

さてなぜおこなわなかったと言うとフロントのロアアームは数値の変化が多いため車高の変化が少ない場合はブッシュのダメージも少ないので数値の変化でのタイヤのダメージが大きいのが理由です。

現状ご来店時でもトーの数値がトーアウトになっていましたがアーム締め直し後は倍以上のトーアウトになります。

この変化は少し大きいですね。ブッシュのよじれの変化もありますが1Gでの締め直しを行う際に純正のボルト穴のガタによりめいいっぱいの荷重でガタ外側に言ってしまうのもあります。

ブッシュのストレスを取り除いたら四輪アライメント実施です。

エスティマの調整箇所はフロントのトーとキャンバーになります。よく皆さんエスティマはトーのみの調整しかできないからと言う方が多いですがこの車両はキャンバーの調整幅は1度近くありますから十分調整が可能です。調整場所はストラットボルト(ナックルとショックをつなぐ部分)の部分です。

この調整により安定感や車両の動きも大きく制御できます。

今回もキャンバーの左右差はありましたのでしっかりと調整をおこないました。

車両の基本に沿って調整をおこない調整作業の完了です。

ご来店時と比べてみるとかなり直進性が上がっています。トーアウトが今回は直進性を奪っていた感じですね。

これで今回のサスペンション交換のリフレッシュは完了ですね。

その他いろいろなブッシュもありますがそこまでの交換をおこなうと金額もかなりかかってしまいますね。

ショックとスプリングやアッパーマウント、ベアリングなどのサスペンション交換がまず第一弾のリフレッシュですね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 四輪アライメント10000円(税別)