KYB ローファースポーツキットの持ち込み取付

KYBさんのローダウン用のサスペンションキットとクスコさんのラテラルロッドの持ち込み取付です。

今回のショックはローファーPLUSなのでリアの減衰力付きのモデルになります。

KYBローファースポーツ

ハスラーはリアの乗り心地に皆さん不満があるみたいなのでこういった減衰力調整モデルもいいのではないかと思います。

 

足廻り交換作業

フロントショック交換

まずはフロントからです。

純正部品は現車のものを仕様します。

車両が新しいのでそのまま再使用で問題ないです。

長さの違い

いつもはロッドのみ短いローファーキットですが今回はショックのケース自体も短くなっています。

ストロークに対応しての商品ですね。

今回はバンプカットはフロントは無しでおこないました。

続いてはリアの取付です。

リア取付

リアはスプリング別体モデルで一般的なズズキの軽自動車に多く使われている足廻りです。

1G状態でバネの状態を見ると密着部分が多いですね。カチカチ音がでるのであればサイレントラバーを巻くといいですね。

試乗してみてリアの減衰力中間ではリアの突き上げが酷くかなり違和感があります。

バンプまでの距離が1cm程度しかないのでもう少し減衰力を上げましたがそれでも回避が大きい段差では回避が厳しいです。

なので今回はバンプを1巻分カットしました。約+25mmのストロークです。

ショックの長さは問題無く回避できますのでショックの底突きは無いです。

 

 

ラテラルロッド

 

ラテラルロッドは左右の出面を合わせる商品でもともと純正でついている物と交換するものです。

ハスラーの場合はフレームに対しトーションビーム斜めにつないでいます。

そのまま車高が変化すると片側に偏ってしまうのを補正するパーツです。

すべてのパーツの取付が終わり全箇所しっかり1Gでの締め直しをおこない交換作業完了です。

 

ハスラー ハスラー

車高は下がりましたね。

フロントに関してはストトークも問題ないですね。

リアは多少標準より減衰力高めの方が乗りやすそうです。

低いとリアのロール感が若干気になります。

四輪アライメント

ハスラー四輪アライメント

さて最後に四輪アライメントです。

この車両はフロントのキャンバーとトーの調整をおこないます。

フロントのトーはメンバーブレスがついていますが多分取付はロアアームが下がったままネジ締めがされていたと思います。

数値の変化がかなり大きいです。

トーの数値とキャンバーの数値をしっかり調整し作業完了です。

試乗です。

過大なトーアウトとキャンバーの左右差もなくなりましたので安定感はバッチリです。

ロール感もかなり抑えられていますので乗りやすい感じです。

腰高の車の動きではなくなりましたのでロードでは走りやすい車両になっていると思います。

昔のローファースポーツのイメージは今は全くなくなっていますね。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 ショックとスプリング交換12000円(税別)ラテラルロッド交換1000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)