ブリッツ車高調の取り付け

ブリッツ車高調

ブリッツ車高調の取り付けです。

その他ハンドルが落ち着かないそうです。

同時に確認しながら作業を進めます。

試乗ではやはりハンドルセンターがコーナーを曲がって立ち上がりでセンターまでこない現象がありますね。

ステアリングギアボックスのブッシュが原因な感じでした。

フロント車高調取り付け

エクシーガは通常のストラットモデルの車両です。

レガシーと同じでキャンバーボルトが純正で装着されています。

さて車高調整ですがこの車高調ストラットのボルトを締め付けると歪んで車高の調整ができません。

ブラケット

ブラケットの強度がなさすぎる、ブラケットの隙間が締め付け前にありすぎるのが原因でしょうね。

この部分の強度って足廻りをしっかりさせる上ではとても重要な場所だと思います。

作りは少し残念です。ブラケットのネジを緩めたまま車高の調整をおこないます。

リアは

リア車高調

レガシーなどと同じですね。

アッパーアームなども緩めて交換すると作業は早いですよ。

左右でアッパーアームの締め付けのトルクが全く違うのが気になりましたがどこかで外しているのかなぁ・・・

さてハンドルの原因の追求です。

 

ロアアームブッシュ

まずはロアアームのブッシュの亀裂が気になります。

この亀裂は安定感や直進性、発進時、ブレーキ時の動きの影響は強いですがハンドルセンターの影響は少ないです。

となるとやはりステアリングギアボックスのブッシュです。

 

ハンドルセンターの原因

やはりブッシュがちぎれていました。

これはハンドルセンターに影響をだします。

現在AVOの強化の物がついていますが耐久性は短そうです。

純正か何かに早めの交換が必要ですね。

原因がわかったところで作業完了するために1Gの締め直しをおこないます。

 

1Gの締め直し

ブッシュの必要部分の1G締め直しをおこないます。

車高の変化はブッシュのダメージを大きくしますのでしっかりおこないましょう。

1G締め直しが終わり試乗です。

やはりハンドルに違和感はありますね。

車高調に交換していますしこの車両はキャンバーボルトでキャンバーの調整が可能なので数値の変化も大きいです。

四輪アライメントは交換時に必要になります。

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントです。

四輪アライメントは前後のトーとフロントのキャンバーの調整が可能です。

車高調なので仕様に合わせた数値に変更をし作業完了です。

ハンドルセンターは部品交換後でも調整は可能なのでまずは部品の交換ですね。

 

エクシーガ エクシーガ

車高はだいぶ平行になりました。

乗り心地はブリッツの乗り心地です。車高調で街乗りの仕様になるとこうなるって言う感じです。

嫌いじゃない乗り心地ですがしっかり感は少し少ない感じです。

それではこの度はありがとうございます。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取付工賃 車高調取り付け18000円(税別) 四輪アライメント10000円(税別)