KYB ローファースポーツL-KITの取り付け

KYBローファースポーツキット

オーリスにKYBのローファースポーツL-KITの取り付けです。

KYBさんのスプリングとショックのセットのモデルですね。

LOWFER SPORTSは純正形状ローダウンスプリングと組み合わせ使用いただける様専用設計としたショックアブソーバです。

純正形状、減衰力固定式採用、ローダウンスプリングと専用チューニングのショックアブソーバにより快適で安定したフットワークとスタイリッシュなローダウンフォルムを演出します。ショックアブソーバ単品及びKYB ローハイトスプリング(L・H・S)と組合わせたサスペンションキット(L-KIT)を設定、お客様のクルマの仕様に合わせお選びいただけます。

引用元:KYB様 サスペンションキット(L-KIT)

 

となっています。

専用設計でKYBさんのセッティングですね。

 

フロントサスペンション交換

フロントの取り付けです。

巻き方は純正のような巻き方です。オーリスはフロントはストラットモデルになります。

 

リア車高

リアの装着です。

こちらは上側が少し狭い感じに作られています。

足回りは先程のレクサスCTと程同じ形状ですね。

足回りを外した状態でリジカラも同時に装着をしていきます。

リジカラ前後取り付け作業

フロントリジカラ取り付け

フロントのリジカラ装着前の画像です。

たっぷりとリジカラグリスを塗って装着と書いてありますのでしっかり塗って装着です。

オーリスのフロントは結構大型なリジカラが装着されます。

メンバー4箇所の装着ですね。

 

リジカラ

続いてリアの装着です。

リアも4箇所です。

リアは後ろ側がスプリングの上側になりますのでスプリングがついていると少しやりにくいですね。上部は割れタイプが入っていました。

下側はステーを外した中側は空洞になっているのでそこにリジカラをつけると思っていたらメンバーのステーの下側に取り付けををするカラーが入っていました。

ステーを補正して何か意味があるのかは不明です。

スプリングも戻し1Gでの締め直しを行います。

1Gの締め直し

この車両もリアは外側はほぼピロの車両になります。

フロントはアンダーカバーの脱着が必要になります。

しっかり締め直しをおこない試乗です。

思っていたより柔らかさを感じます。昔はローファースポーツは少しスポーツカーよりのセッティングのイメージでしたがローファープラスがでたころからローダウンを重要視するようなセッティングになっているような気がします。

街乗りから少し流す程度までが有効的な活用範囲になっている感じです。

沈み込みの深い時はやはりショックとスプリングの交換車は底づき感がでますね。

四輪アライメント

四輪アライメント

四輪アライメントはフロントのキャンバーと前後のトーの調整をおこないます。

現状のタイヤはヨコハマフレバですがサーキット走行を1時間行ったそうですがブロックがちぎれていました。

なのでフロントのキャンバーはストラットボルトにガタが少ないのでできる範囲でネガティブキャンバーに調整を行いました。

前後のトーも調整をおこない作業完了です。

調整前はローダウンによるかなりのトーアウトになっていて落ち着き感が全くありませんでしたが調整後はかなり良くなりました。

車高の高さは

オーリス オーリス KYB車高

前後ともに下がっていますが前の方が大きく下がっていますね。

少し前下りのセッティングですね。

タイヤの外側の減り方のことなど色々とお話をさせていただきました。

また何かございましたらよろしくお願いいたします。

それではこの度はありがとうございます。

参考取付工賃 足回り交換16000円(税別) リジカラ取り付け18000円(税別)四輪アライメント10000円(税別)