RS-Rのダウンサスの持込取り付け

RS-Rダウンサス

後期の86のダウンサスの装着です。

よくサーキットなどで走行をされるそうですがダウンサスをなぜ選ばれたのかお話をきいてみるとご友人様に勧められたそうです。

うーん、ダウンサスでサーキットしかも後期で柔らかめのセッティング難しい所ですね。

色々とその件に関しましてはお話はさせて頂きました。

さて取り付けです。

足回り交換作業

 

フロントRS-Rダウンサス  リアダウンサス取り付け

まずスプリングを交換します。今回はサーキットでの走行と言うことでバンプまでの距離は少なめでセッティングです。

スプリング交換だけでは足回り交換完成では無いですね。1Gの締め直しが終わって足回り交換完了ですね。

1Gでの締め直し作業

86の1G締め直し

86は前後ともに上記の状態でおこないます。

ダウンサスの場合は1箇所だけかなりやりにくい部分があります。

DIYの方でもどうやってやってるんだろう?って質問される時があります。

やりにくい箇所は運転席側のアッパーアーム後ろ側です。

ほかの部分はなんとかできますがこの部分はストロークが無くしっかりとできない方が多いですね。

やりにくい箇所

その場合は上記方法でおこないます。

まずスタビリンクをロアアームから外しスタビリンクをロアアーム側に下げます。そうするとストロークができますのでストレートのメガネレンチが入ります。

アッパーアームのブッシュは大型の物がついていますのでしっかりと行いましょうね。

その前にしっかり1G状態ができていることが前提ですね。

ココらへんは経験ですね。DIYの方でできないよーって方は1G締め直し作業と四輪アライメントと言うメニューもありますのでご利用くださいね。

交換後は四輪アライメント

86の四輪アライメント

さて足回り交換後は四輪アライメントです。

ノーマルでのサーキット走行をよく行っているタイヤのヘリ方をしています。

フロントの外がロールによる摩耗でしょうね。

今度はダウンサスなのでどのようなセッティングで始めるべきか想像がはできません。

乗った感じはストロークは少ない感じに仕上げてバンプをしっかり利用していこうと言う足回り交換セッティングにしたので四輪アライメントではクイック感を出したい所ですがショックの柔らかさがでてしまいそうなので今回はそこまで変更をせずフロントのキャンバーだけをネガにセッティングしました。と言っても純正のガタで付けれる程度です。

フロントのタイヤの具合を見ながらセッティングを今後だしていきたいですね。次回はキャンバーボルトをご用意くださいね。

86リア車高 フロント車高

車高の高さは前後ともに程よくおちています。後期からはウインカーの位置がかわり車高も大幅に変更可能になりましたね。

86

それではこの度はありがとうございます。

またよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 足回り交換16000円(税別) 四輪アライメント10,000円(税別)