30アルファードのTEIN車高調の車高調整と1G締めにアッパーアーム交換と四輪アライメント調整です。

車高調整は最低地上高確保ですがこの車両TRDのフロントブレスバーが付いていてメンバーボルトがかなり低くその部分の地上高が足りません。このアームだけで3cm近くは下がっていますね。

車高調整

車高は5mm足りないのでその分とプラスして10mmアップで行っていきます。

フロントは問題ないです。

 

さてリアです。

リアは運転席側のスプリングは確かTEINさんは位置があったと思います。
思っていた位置と違いましたので調べてみるとやはり位置が違います。
修正して取り付けをして同時に玄武さんのバンプラバーの取り付けとエディファクトリーさんのアッパーアームも取り付けをしていきます。

リアは完全にバラバラになります。
バンプは長さを見ながらスペーサーせ合わせて取り付けをおこないます。

これで一度車高を見て最低地上高を見て完成で1G締めです。

1G締め作業

 

さて締め直しをおこなっていきます。
前回も1G締めを行っていてその前には車高調の取り付けそして今回1G締めです。
ボルトは再使用は不可のパーツになりますので少し気になるところです。
緩むことがあればボルト交換が必要になってきますね。

 

車高の高さ

1cmでリアはキャンバーが起きますので見た目が予想以上に上がったように見えると思います。

 

四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

車高が上がっていますしアーム交換もしていますので数値は結構ずれますね。

リアのキャンバーは左右差無しでよい感じになりました。

フロントのキャンバーは前回の調整で左右差を合わせていますので左右差は無しです。
トーの数値の変更で数値もきれいになりました。

 

試乗です。

アッパーアームが変わるとリアの動きが変わってきますので突き上げ感が強いイメージになりますが今回は適度なキャンバーがありますのであまり違和感はなしですね。
走りに関する影響は少ならからずアーム交換はでてきますがそこまで気になる感じもなさそうですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。