NCECの車高調仕様のロードスターの1G締めと四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整は鈴鹿フルコースをメインに走っているそうで完全なサーキット仕様です。

お客様も中古でお車をご購入されたそうで現状の把握はさほどしていないそうです。

 

1G締め作業

1G締めロードスター

まずは締め直しの作業です。

さて1本目のアッパーアームから緩めようと思うと尋常の硬さではありません。
いつもの工具では全く無理です。
ロングスピンナーを使って緩めたりインパクトも最強に近いくらいで通常のインパクトを使ったりと何とか緩めていきます。
後で伺ったらタワーバーのねじも緩めようとして折れてしまったそうです。
サスペンション交換作業部分はかなりの力ですが四輪アライメント調整箇所はほぼ規定トルクに近いです。
業者が違う可能性が高いですね。

 

リアも同じく部品交換してある部分はとてもじゃないけど通常の工具では無理です。
サスペンション交換作業に関係ないブッシュ部分は規定トルクですね。
何とか締め直しを完了させて四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ロードスター四輪アライメント

ストロークは1G時点で確認をしていますがかなり沈み側にもストロークがあります。
ロール量を考えるとというよりは車高調のスプリング交換で遊びが出ないようにセッティングがされているのでこうなってくるんでしょうね。ヘルパー仕様にした方がよさそうですね。
コーナーでの動きを聞いてみるとそんな感じがしました。

さて四輪アライメント調整です。

調整は前後のトーとキャンバーとフロントのキャスターです。最近の国産車両では全箇所調整というお車です。

フルコースメインなのでまずはタイヤの減り方をうかがっていますのでキャンバーの量はある程度必要になります。
フロントノキャンバーが付きにくいのでまずはフロントを調整してリアを合わせていきます。
キャスターはコースを考えると大体はでてきます。
そうなるとほぼいつもの数値になってきますね。
トーの数値も変更して調整完了です。

 

試乗です。

街乗りでは不必要なキャンバーとトーの向きになりますがサスペンションの動きがありますのでそこまで数値が気になる感じもでていませんね。

違いは走りもでますので最初は慣れてくださいね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め6600円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)