スペーシアカスタムにブリッツの車高調の取り付けと四輪アライメント調整です。

車高はリアの車高を全下げで取り付けしてフロントを合わせて調整していきます。

さほどダウンしないそうです。

 

車高調取り付け作業

スペーシアカスタムの4WDなのでリアは少しサスペンションが違いますね。
ラテラルロッドも同時に交換をしていきます。

RS-Rのラテラルロッドはターンバックルの調整箇所はフレームの中になってしまいます。

なのでまずは高さと左右差を決めてから一度取り外して締め込みまた取り付けしていきます。
手間ですが締められないので仕方ないですね。

車高は全下げにしてストロークを合わせていきます。

減衰力は中間にセッティングしていきます。

フロントです。

フロントはアッパーマウントなどは移植して取り付けをしていきます。
ダウンサスから車高調なので交換回数がかさんでいる場合はボルトナットは新品をご用意いただくとよいかのしれませんね。

フロントはストラットボルト部分がかなりのガタがありますので取り付けすると数値がとんでもない数値になります。

車高をあわせて1G締めをおこない取り付け作業完了です。

 

車高の高さ

スペーシアカスタム

RS-Rのダウンサスより5mmダウンできました。

リアバンプラバーは説明書に取り外すように指定がありますので外してあります。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

スペーシアカスタム 四輪アライメント

さて数値ですがキャンバーはポジでトーの数値もかなりひどいです。

さて調整です。

ホイールの出ずらもありますのえキャンバーは少しつけて調整をしていきます
軽自動車なのでそこまでひどい内減りにはならないと思います。

トーの数値も調整して車高調仕様では走りやすい数値になりました。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

さて試乗です。

タイヤは扁平タイヤですがタイヤのかたさはさほど気になりません。
少し固めではありますがよい感じだと思います。

軽自動車のメーカーは結構固くて乗りずらい車高調が多いですがTEINさんやブリッツは軽自動車でも結構動きもでてよさそうですね。

直進性もよい感じで走り走りやすいと思いました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け15400円(税込)ラテラルロッド交換1100円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)