アルテッツァの1G締めと四輪アライメント調整の作業です。

車の安定感がかなりないそうです。

さて試乗してみるとサスペンションが全く動いていない感じの仕様のサスペンションです。

低速での硬さなので高速域では安定感がでてくるのかもしれませんが現状のタイヤの種類ではかなり厳しい感じがありますね。

まずは1G締めをおこないます。

1G締め

アルテッツァ 1G締め

サスペンションの締め付けトルクがかなりの高トルクで締まっています。
通常のインパクトでは全く緩みません。
大きいインパクトでとりあえず緩めてから締め付けていきます。
正常トルクで締めていますが今まで高トルクだったので少し不安はありますね。

締め直し完了で四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

アルテッツァ 四輪アライメント

さてフロントのタイロッドが両方ともバーナーで炙っても回りません。
困った感じです。

今回はキャンバー数値は左右差がさほどないのでこの部分でトーを調整していきます。

リアの数値も結構悪い数値なので調整しがいがありますがサスペンションに合った仕様は少し難しいですね。
街乗りレベルの車高調の動きではないのでタイヤを考えてのセッティングになります。

フロントはトー角中心のセッティングしかできません。

 

数値はそれでもよい感じにはなりました。

 

試乗です。

やはりゴーカートのような感じはありますね。
サスペンションの動きがすくなすぎますんで街乗りでは少しつらいでしょうね。
今後は街乗りに合わせた車高調などがベストではないでしょうか。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 1G締め6000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)