エルグランドの1G締め作業と四輪アライメント調整です。
左流れとハンドルセンターが気になるそうです。

 

車高調はブリッツの車高調です。

1G締め作業

1G締め

さてまずは1G締め作業です。
ブリッツの車高調は現状の車高でめいいっぱい車高があげてありました。
かなり低いセッティングですね。
締め直し完了で四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

エルグランド 四輪アライメント

さて測定してみます。
左流れがある数値は特別はありません。
数値はあまりよくない数値なのでまずは正常にすることで四輪アライメントの数値での左流れなのか車両なのかの判断ができます。
この車両は4WDなのでタイヤの減りがかなり早い状態になりそうです。
今回はトーの数値を変更して前後のキャンバーの調整を行っていきます。
フロントは長穴なので調整範囲は広いですがフェンダーに干渉しそうなんであまり起こすことも厳しそうです。
なので現状の左右差をそろえる程度です。
リアに関しては起こす方にほとんどなっていて調整はこちらも左右差を整える程度数値的には3度越えなので内減りはかなりでるでしょう。こちらも直進性を犠牲にしてでもタイヤを少しでも摩耗から減らすようにしていきます。
エルグランドは新車からタイヤの変摩耗や安定感が結構言われていてよく以前はおこなった車両ですが調整幅が少なすぎて合わせるのが限界ですね。

 

試乗です。
車高調で扁平タイヤなのでやはり路面にとられやすい感じがあります。
左流れと言うよりは道路に沿った感じです。
調整前の試乗に比べれば安定した感じはありますがブリッツの車高調がなんだか先日も同じ車両をやりましたが気になる感じがありますね。
リアのアジャスターがかなり長くスプリングが短いのが動きに安定感を欠かしている感じがします。
スポーツカーではないのでゆとりが欲しいですね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 1G締め6000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)

 

参考取り付け工賃