ブリッツの車高調仕様の車両の1G締め作業と四輪アライメント調整作業です。

まずは1G締め作業です。

1G締め

1G締め

1G締めにはフロントのアンダーカバーの脱着が必要になります。

リアはマルチリンクですべてブッシュの車両です。

タイヤ屋さんでの取り付けなので1G締め等はおこなっていないそうです。

まずは全箇所1G締めして四輪アライメント調整です。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

さて車高調取り付け時には四輪アライメント調整を実施しているそうです。
測定をしてみるとフロントのキャンバーは30分ほどの差があり、トーもトーアウトになっています。
トーの数値は1G締めにより変化がでますのでわかりませんがフロントキャンバーは30分の左右差でかなりのネガになっています。ブリッツの車高調は長穴仕様なので調整ができるのですがご存じないのでしょうね。
さて調整です。

フロントのキャンバーはタイヤの出面と車高調での動きを見ながらの調整になります。
キャンバー量はちょうど車高調ではよさそうな数値で無事フェンダーはおさまりました。

リアのキャンバーは若干多めですね。前後のトーの数値も変更して調整し作業完了です。

 

試乗です。

車のふらつきもかなり収まりよくなっていると思います。
リアは少し柔らかさがでましたので減衰力を再調整されてもよさそうですね。

それではこの度は岐阜県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 1G締め6000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)