ジムニーの車高が変わらないサスペンションです。

ロードよりのセッティングでふらつきが気になる方などがつけるサスペンションなんでしょうね。

ビルシュタインとアイバッハのセットです。外車ではよく見かけるセットですね。

 

サスペンション交換作業

津田レーシング

まずはフロントです。

このセットの場合はタイヤも外しませんので交換は早いです。
スプリングの長さは純正と同様の長さとなりますので必要箇所を外して緩めていきます。
まずは交換してしたから稼働箇所のブッシュを締め直しをおこなっていきます。

続いてリアです。

津田レーシング

リアもタイヤは外しません。
リアのスプリングに関しましては長さは純正より短く巻き方も純正よりピッチが大きいです。
ビルシュタインダンパーの効きを感がるとこの方が良い感じはしますが硬さはでそうです。

さて交換して締め直しをしていきます。

締め直し完了で作業完了です。

 

車高の高さ

車高はフロントが15mmアップでリアはノーマルと同じですね。

ハンドルセンターはズレがでていますね。

四輪アライメント調整

さて四輪アライメント調整でハンドルセンターとトーの数値を一般道向けに合わせていきます。
サスペンションの動きを考えると数値の変更は必要ですね。

数値を変えてハンドルセンターを合わせて作業完了です。

ジムニーの場合はハンドルセンターがズレているとコンピュータ側で修正をしようとします。
修正しきれないとエラーとなりチェックランプがついてしまいます。

ハイテクな車両も大変ですね。

 

津田レーシングサスペンション取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

やはり一般道に向いているサスペンションですね。
純正のタイヤだとだいぶタイヤのボヨ付き感がでてしまいます。
ショックの落ち着きがどの程度で出るかですね。
タイヤはもう少しショルダーの硬めがこのサスペンションには合いそうな気はしますね。

動きのもたつきは結構解消されている感じがします。

差し入れもありがとうございます。後でおやつにいただきまーす。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 サスペンション交換15500円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)