エリシオンに車高調の取り付けです。

 

JICの車高調は最近あまり取り付けをおこないませんのでおおよその高さなどの記憶がありません。

説明書にも初期セッティングが記載されておりませんので現状の状態で組付けてみます。

ご希望の高さはうかがっておりますのであとで調整していきます。

 

車高調取り付け

フロントは錆等は問題なしです。
純正はオイル漏れがありますね。
まずは交換してブッシュを緩めておきます。

 

リアです。
リアはショックのボルトがかなりの錆で外れるか心配でしたが何とか外れました。
ロアアームの回りにもサビがきていますのでボルトなどは磨いて取り付けをしていきますが少しボルトが渋いためタップを立ててからカッパーグリス付着で取り付けをしました。

 

車高の高さ

リアはアジャスターと受け皿のザグリがめいいっぱいにしてフェンダーとタイヤに隙間がないくらいになります。

フロントはフロアの状況もありますが平行にすると前上がり感がでてしまいますので前を少し下げてセッティングしました。

見た目は良い感じになりました。

 

車高が決まれば1G締めです。

1G締め作業

さて締め直し作業です。
錆びているボルトの再使用なので少し気になるところもありますが全箇所緩めて締め直しはできました。
固着まではいってなくてよかったです。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

エリシオン 四輪アライメント調整

さて調整です。

リアのキャンバーは3度近くついていますのでキャンバーに対する内減りはでてきますね。
フロントも同じく1度以上のキャンバーになりますので前後ともに内減り方向です。

トーの数値は変更して調整して動きの少ない車高調で合わせれるようにしていきます。

調整完了で試乗です。

 

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

乗り心地はインチアップのホイールには合っている乗り心地に感じます。
減衰力は中間セッティングなので好みに合わせていけば良さそうな感じはしますね。
リアのストロークはある程度とってはいますが初期の車高が低いのであまり増やすとアップダウンのコーナーでフェンダーにタイヤがかなりかぶって内側にあたる可能性がありますので必要分のみです。
フル乗車は少し乗り心地に影響はでそうです。

車高調のワゴンは結構セッティングが人数によってストロークを考える必要がありますが考えることができないメーカーもありますので難しいところです。