ロードスターのフロントサスペンションと1G締めの作業です。

もともとはDIYで交換予定だったそうですが腰を悪くしてしまい断念したそうです。

サスペンション交換作業

リアは取り付け済みなので1G締めとフロントのサスペンション交換です。
フロントは外し方は色々ですが当店は四輪アライメント調整も行いますのでアジャスター側から取り外しをしていきます。
ついでにグリスアップもできますので一石二鳥です。
さて外しているとロアアームの中からボルトが1本でてきました。
取り付け部分を探してみるとロアアームボールジョイント部分のボルトです。
外側のボルトナットも緩んでいましたので危ない感じでしたね。
締めておきました。

サスペンション交換作業をして1G締めです。

 

1G締め作業

1G締めロードスター

ブッシュ部分を締めていきます。
ロードスターはブッシュの締め付けで乗り味や車高が変わってしまう車両です。
しっかり取り付けは行いたいですね。

締め直し完了で四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

ロードスター 四輪アライメント

最後に四輪アライメント調整です。

街乗りメインでのセッティングで楽しく走れる程度のキャンバーは残して調整をしていきます。
キャスターは今回は推奨でトーの数値も純正数値より変更して調整をしていきます。
NAの時の四輪アライメントテスターはそこまで制度がない時代でしたが今のテスターは制度もばっちりです。
20年以上四輪アライメント調整に携わっていますが昔の車両をおこなうと今はこんなにセッティングが楽になったと思いました。

さて調整後の試乗です。

NA全盛期にでていたサスペンションとは全く乗り味も違いますね。
動いて回る感じのサスペンションが現状の主流なので昔の方には少し物足りない感じもしますね。
ですが確実に走りやすいです。
時代を感じる一台でした。

 

ロードスター

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。