シビックにTEINさんのMONOとEDFCアクティブの取り付けです。

TEIN

車高の高さは現状より2cm以内のダウンでセッティングをおこないます。

まずはTEINさんの仕様で取り付けしますが現状ノーマルですがリアに1.5cmの車高の左右差があります。

車高調取り付け作業

フロント車高調

まずは車高調取り付けです。

MONOスポーツの場合はフロントがピロアッパー調整式になります。その場合はモーターの線も巻き込まないように回り止めのパーツの取り付けが必要になります。
まずはつけていきます。この取り付けもなかなか面倒なんですよ。

 

まず仮組してリアです。

 

リア車高調

リアは別体式です。
車高調のアジャスターの固定はなんと両面テープなんですよ。
しかも結構面倒な張り方が必要でまた張った両面テープのビニールもはがれにくいんです。
なんだかんだいつも色々あるのでスムーズにはなかなかいきませんね。

仮組してまずはタイヤをつけてみてみます。
リアの差は1cmあります。車体からでている左右差だったんですね。
ブッシュも緩めていますので車高調側で少し左右差は合わせていきます。
ある程度のところまで合わせますがあまりに左右差がでると走りにも影響がでてきますのである程度です。

 

車高の高さ

ノーマル車高
ローダウン車高

ノーマルよりTEINさんの車高調を組んだ時の方が車高が上がりました。
これは純正のサスペンションのへたりですね。
フロントも下げて合わせてリアも合わせて車高がきまりましたので1G締めです。

1G締め作業

1G締め

1G締め作業です。
ブッシュを締め直していきます。
FD2はやはりフロントが一番大変です。
前側のブッシュは亀裂がありますね。

モーター

モーターも取り付けて本体も取り付けしていきます。
FD2はピロアッパー調整式ですと結構アッパーマウントの幅が狭いのと回り止めのせいでキャンバーが全開で寝かせられなくなりますね。

EDFC

本体も取り付けしていきます。
結構大変な作業でサスペンション交換より時間がかかります。

EDFCも取り付けして四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

四輪アライメント調整はワインディングまでのセッティングでおこなっていきます。
タイヤの内減りは街乗りが多いと若干でてくるとは思いますがワインディングではちょうどよいリアのキャンバー量にもなりました。

数値もでて試乗です。

EDFCのモーターの音はシビックはアッパーマウントが運転席に近いのでよく聞こえます。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

MONOスポーツでも結構マイルドセッティングに感じました。
シビックって純正でも結構なスポーツセッティングなのでそう感じてしまいますね。
なので運転は街乗りは楽でしょうね。

EDFCでの変化で走りも楽しみやすくなりました。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け18000円(税別) EDFCアクティブ+回り止め23000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)