プリウスαにイデアルのトゥルーヴァの車高調の取り付けです。

中古になりますので仕様などは全くわかりません。

イデアル車高調

減衰力は20段戻しでセッティングで車高の高さは低めのご希望です。

 

車高調取り付け作業

フロント車高調プリウスα

車高調の取り付け作業です。

まずはフロントからの取り付けです。
車高の高さなどは説明書に記載されていないのでプリロードなどはこちらで調整していきます。
アッパーマウントは調整式になりますが中立にして取り付けしていきます。

リアサス プリウスα

リアはショックとスプリング別体の車両になります。
サスペンション形状はトーションビームです。
まずはスプリングで車高の高さを決めてショックの長さを図り取り付けをしていきますが全下げではバネが遊んでしまいます。ショックがそこまで短くはなりませんでした。1cm上げた状態でショックを一番短くしてスプリングが回る程度になります。ブッシュを1Gで締めればスプリングは動かなくなります。
リアの高さに合わせてフロントを変更していきます。
5mm前下がりで見た目を整えて高さ調整完了です。

 

リアは減衰力のダイアルを入れるのに少し内張りをばらす必要はあります。

 

取り付けと車高が決まれば1G締めです。

締め直し完了で試乗後四輪アライメント調整です。

 

車高の高さ

以前はもっとイデアルの極の方でもっと車高を下げていたそうです。
車高調の種類でも車高の限界がありますが今回の車高でも問題ないそうです。
これで現状最低地上高9cmです。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

さて四輪アライメント調整です。

ロアブラケット側は全開で起こしてあります。
キャンバーは0付近です。ロアブラケット側をネガの方向に調整してちょうど1度までは調整が効きます。
一番使いたい数値まで調整ができますし無駄なキャンバーの長穴でもありませんのでちょうどよい感じです。

トーの数値も純正数値より変更して調整しました。

調整完了で試乗です。

イデアル車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

走りは少し硬めですがスプリングが効いている感じの動きです。
大きい段差では少しフロントがライナーに干渉しますね。
ローダウン量が多いとある程度硬めでないと下回りなどもつらくなってきますのでそう考えるとよい硬さなんでしょう。
直進性も問題なくしっかり走ります。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃 車高調取り付け工賃18000円(税別) 四輪アライメント調整10000円(税別)