クラウンのサスペンション交換です。

ショックアブソーバーはKYBのエクステージに純正の新品のロアアームやボールジョイント、スタビリンクなどの交換です。

エクステージ

サスペンション交換作業

まずはショック交換です。


KYBのエクステージと純正ショックは長さはほぼ同じ長さです。
クラウンロイヤルサルーンのスプリングってアスリートなどのスプリングに比べると巻量も長さもかなり長いです。
当店は工具は色々ありますので問題ないですがかなりの長さで純正のアブソーバーは外した時バネが横に曲がっていました。1Gがかかれば普通なので問題はありません。

フロントショック

さてスプリングを外して新品パーツを組み込もうと思っていたらバンプラバーがついていません。
運転席のブラケット部分のボルトが逆から入っていましたのでやはり一度脱着されていますね。

中古で車両を買われたそうですが知らずにってことですね。

ショックを組み込みロアアームとボールジョイントやロアコンブッシュ、スタビブッシュにスタビリンクを交換していきます。
フロントに関してはアッパーアーム以外ほど交換となります。

必要箇所はグリスアップして取り付けをおこないます。

リアはショックとスプリングのみですが純正のショックは左右ともオイル漏れを起こしていました。
交換時が終わって古いショックを横置きしておいていたらOILが漏れてきていました。
乗り心地の収まりのなさはこういった部分からきますね。

 

取り付け後1G締めです。

クラウン

すべてのブッシュ部分を1G締めでおこないます。
これで取り付け作業完了です。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント

数値は車高の変化がでていますので数値もくるっています。
キャンバーとキャスターには左右差はほとんどない状態でした。
なぜ運転席だけサスペンションが外してあったのかが気になります。OIL漏れでも早期にあったのでしょうかね。

トーの数値を前後きれいにしてこれでほぼ純正基準値中央に調整ができました。

 

サスペンション交換と四輪アライメント調整後のインプレッション

 

タイヤはレグノの2019年でKYBのエクステージにロアアームなど新品です。
さすがに乗り心地はかなりよい感じです。
ショックの減衰力は推奨組ですがしっかり感は新車のようです。
純正よりもしっかりした感じがありますね。ショックの良さが出ている感じがしました。

四輪アライメント調整後は安定感もしっかりでて走りやすいと思います。

 

それではこの度は静岡県よりご来店ありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 ショック交換16000円(税別)スタビリンクとブッシュ前後で5000円(税別)フロントロアボールジョイント交換4000円(税別) ロアアーム交換6000円(税別) ※同時交換の工賃  四輪アライメント10000円(税別)