ロードスターのロアボールジョイントとタイロッドエンド交換、1G締めに四輪アライメント調整で奈良県よりご来店いただきました。

ボールジョイント NB6

フロントロアボールジョイントはBAUER Limited ロアボールジョイントと言う商品でキャンバーが3度近くなりキャスターもハイキャスター仕様にできる商品です。
タイロッドエンドはノーマルなのですが今回はさほど多めのキャンバーにはしないのでノーマルの長さでも問題はないと思います。

 

BAUER Limited ロアボールジョイント取り付け

つくりはノーマルと同じで見た目もさほど変わりません。
トップナットのサイズが違うくらいです。

さて取り外しですが運転席側のロアボールジョイントがめちゃ固くて外すのにいつもは使わないKTCのボールジョイントセパレーターで取り外しました。かなりの固さでした。
最悪はあぶるのですがナックルが鋳物なのであまりあぶりたくはなかったので良かったです。
外した純正品は使うことは少し厳しいですね。

助手席は問題なく外れました。
取り付けすつBAUER Limited ロアボールジョイントですが角度の違いくらいでそこまで変わるのかって思いましたがつけてみると全然角度が違いますね。
この部分は変化が大きいので面白い商品ですね、

取り付け完了したら1G締めです。

1G締め

1G締め

フロントアッパーアームなどはすでの交換済みでした。
フロントは問題なく1G締めできましたがリアのロアアームとナックルの部分のボルトは固着気味です。
一応ボルト側も回して回ることを確認しましたので交換時は回せるとは思いますが苦労しそうな部分になると思います。走行距離と年式相応なので仕方ないですね。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

さて部品交換でトーの数値がかなり異常なことになっています。
キャンバーは車高がそこまで低くなくとも3度以上キャスターも7度以上にはなる商品でした。
まずはそこまでの数値にはタイヤもハイグリップタイヤでもないですしロードスターでそこまでのキャンバーも現状のサスペンションでは必要もないともいます。なので調整数値もワインディングまでの数値で調整します。
ですがそれではこの部品でなくとも純正部品でもよくなってしまいますんでこの商品の意味を感じられる方向で調整はおこないました。
リアもフロントの数値よりバランスをとり調整しました。

数値もきれいになりましたので試乗です。

ハンドルはハイキャスターにした分は少し重さが出ている感じがあると思います。
サスペンション自体の動きはKYBとベステックスのスプリングなのでしっかりしていますのでトーの数値も変化させて調整をおこないました。安定感は数値より結構出ると思います。ジムカーナなどの動きには少し不向きなセッティングですがワインディングまでなら楽しめる感じもしました。
あとは乗り手に合わせたセッティングになってきますのでまずは現状の動きの感じ方で走りこむのが次回のステップアップにつながると思います。

そして差し入れありがとうございます。

もなかです。甘いものはたまりませんね。
あとでおいしくいただきます。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取り付け工賃

タイロッドエンドとBAUER Limited ロアボールジョイント取り付け 12000円(税別) 1G締め6000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)