セルボのリフレッシュでのサスペンション交換です。
走行距離が10万キロなのでリフレッシュで一番多い距離ですね。
この時点でしっかり部品交換をおこなうとそのほかの部分の摩耗も遅らせることができますので重要です。

セルボ

ショック交換とロアアーム交換作業

ショック交換

ショックはKYBのNEWSRスペシャルでロアアームはGMCの純正形状の社外品です。
さて取り付けです。

まずはショックを外してロアアームのボルトを外します。
ロアアームのボルトがかなりの錆びで何とか無事外れましたが結構さびがありますね。

ロアアーム交換

ワイヤーブラシで磨いて銅グリスを付着して取り付けをします。
錆びが他に移らないようにですね。
ショックはKYBのショックですが純正のロッドと太さが違います。
KYBの方が細いためバンプラバーがロッドで止まりません。
今回は内側に両面テープでかさ上げをして下がらないようにしておきました。

リアは純正ショックと少し長さが違い長いです。

取り付け完了のため1G締めをします。
せっかくブッシュ交換をおこなっても1Gで締めないとまた簡単にブッシュが破損してしまいますからね。
重要な作業ですよ。

交換完了で四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

さてショックとロアアームは社外品ですが純正形状のたかさの変更はありません。

数値の狂いも少ないかと思っていましたが試乗でかなりのハンドルのとられようでした。
測定値を見てみるとかなりのトーアウトです。あっと言う間にタイヤがなくなる数値です。
やはりショックの長さの違いや社外ロアアームの影響なんでしょうか。
まずは適正値に数値を調整します。
フロントキャンバーの左右差とトーの数値を調整してすべて数値は基準値内になりきれいになりました。

 

試乗です。

アッパーマウントも交換をしていますので車両のしっかり感がかなりでました。
スプリングはそのままだったので少しショックの固さがでるかとも思いましたがさほど感じませんでした。
タイヤの扁平が薄いので現在のKYBの吸収率の方が走りやすさを出している感じがしました。

これでリフレッシュの第一段階完了ですね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 ショック交換とロアアーム交換17000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)ショックとロアアーム処分1000円(税別)