アクセラの車高調取り付けです。車高調はブリッツのZZRダンパー車高調です。

車高の高さは推奨はフロント40mm・リア45mmなのでこの寸法より5mmずつ上げての調整です。

車高調取り付け

車高調取り付け作業

フロント車高調

ブリッツの車高調は仮組みしかしていないで締め付けし直してから取り付けをおこないます。
まずはフロントの装着です。
今回は車両が新しいのでクリップも問題なく脱着できました。
付け替えて車高をとりあえず変更しておきます。

リア車高調

リアの取り付けです。
リアはブッシュを緩めてアームを外してショックを抜き取ります。
慣れれば簡単な作業ですがはじめの内はショックを外すのに少し手こずっていました。
アクセラ、アテンザ、CX-5はほど形状が同じなので方法を覚えておくだけで交換スピートは格段とアップです。
車高の高さは現状より5mm上げですがブッシュを緩めた状態で5m上げでダウン量は55mmです。そのまま組んでいたらレバー比を考えると60mm近いですね。
ブリッツがセッティング時に1Gで行っているかはわかりませんが説明書と数値が大きく変わります。
リアは修正します。

調整後はフロアをフラットでの調整で数値を整えて取り付け作業完了です。

1G締め

1G締め アクセラ

フロントはアンダーカバーを外して締め直しをおこないリアは1G状態を作り上げて締め直しをこないます。
1G締め完了で試乗です。

車高の変化

低すぎず高すぎずですね。車高の高さはフロア変更ほどになっております。

四輪アライメント調整

アクセラ 四輪アライメント調整

試乗後四輪アライメント調整です。

ブリッツの車高調はブラケット長穴になりますのでキャンバーの調整をしないと大きくトーの数値に変化がでます。
確実に偏摩耗が出る数値なのでしっかり調整をおこないます。

今回はリアのキャンバーの量が少し多めなのでフロントのキャンバーの数値も変更して安定感をだします。

トーの数値も変更をして調整完了です。

車高調取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

ブリッツの車高調装着で乗り心地の変化ですが柔らかさはさほど純正とは変わりませんが動きは少なく単調になります。
コーナーなどは純正より機敏な感じになりますので走りやすさは出ていると思います。
四輪アライメント調整前はタイヤ鳴きがでるほどの数値だったのでまともに走れませんでしたが調整後は安定感がかなり向上しました。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃

車高調取り付け工賃18000円(税別)四輪アライメント調整10000円(税別)