レガシィにアップスペーサーの取り付けです。

純正のアッパーマウントのスタットボルトを打ち抜き取り付けをするタイプです。

 

アップスペーサー取り付け交換作業

さて今回はいつものスプリング交換と違います。
いつものスプリング交換より当店の場合は手間がかかる気がします。
これは慣れのこともありますがスタッドボルトを抜きまた入れ替える作業に時間がかかります。
アルミと鉄の組み合わせになりますのでカッパーグリスを塗って腐食を防止しておきます。

 

フロントはアップスペーサーを入れればあとは戻すだけで取り外しした手順で取り付けできます。

続いてリアです。
リアもいつものようにブッシュを緩めて抜いていきます。
リアも同じくスタッドボルトを打ち返して戻していきますがリアはいつものようにはいきませんでした。
ロアアームを外して入れないとスペースがありませんでした。スペーサー分ショックが長くなっているからですね。

さて交換をして1G締めです。

1G締め作業

さて全箇所締め直しをしていきます。
この作業はローダウンよりはスペースがありやりやすいですね。

 

 

車高はフロント+35リア+30mmアップとなりました。

 

試乗後四輪アライメント調整です。

 

四輪アライメント調整

さて車高が上がっていますがリアのキャンバーも-1度をキープできていますのでトーの数値も若干の変更で調整していきます。

フロントもキャンバー量は問題なく調整できました。
ただリフトアップでのキャンバーの動きがありますのでロール感が増えるのであればタイヤは外減りが出る方向になる可能性もありますので少し変更して対応をしてあります。

調整完了で試乗です。

 

アップスペーサー取り付けと四輪アライメント調整後のインプレッション

 

スタビリンクがノーマルのため若干動きに揺れが出やすくなっている感じがありますが違和感はさほどはありません。

目線は結構変わりますね。アップの方がこういった乗ったイメージの違いは大きいですね。

直進性も数値変更していますのでどうかとは思いましたがよい感じで走りやすさがしっかり出ていると思います。

 

それではこの度はありがとうございます。
また機会かございましたらご利用お待ちしております。

 

参考取り付け工賃 アップスペーサー取り付け19800円(税込)四輪アライメント調整11000円(税込)