ブリッツの車高調仕様になっている車両の四輪アライメント調整です。

仕様は街乗り仕様でのセッティングです。

四輪アライメント調整

86四輪アライメント

さて測定しての調整です。

調整前に各部を見てみるとリアロアアームのボルトが反対に入っています。
取り付け店はディーラー様だそうです。
反対に入れるなんてなぜわざわざですね。
何か気になる感じがありショックの取り付けボルトを1G状態で緩めてみるとゴンとブッシュが戻ります。
1G締めはおろか一番伸びきった状態でショック部分は締めている可能性すらあります。
ロアアームの一番外のボルトはボールジョイントなので逆からの取り付けですがそこはディーラーさんに何とかしていただき四輪アライメント調整を進めます。
1G締めを行っていない車両でのローダウン車は今後の数値の変化がでてきます。
なぜ?って思われますか?ブッシュはつっぱているだけではなくゴムの製品なので変形してきてしまいます。
変形するとテンションの能力も低下しますので車高の変化、乗り心地の変化につながります。
よくサスペンション交換したら車高が落ち着く間で慣らしが必要ってよく言う方がいますがこの車高の変化が主にブッシュの変形になります。1G締めをしっかり行っていれば経年劣化の変化程度でさほどの違いにはなりません。
さて数値ですが街乗り仕様ですがキングピンは今回は車高調なので気持ちよく走れる部分は残しつつでの調整をしたいので変更は無しです。ロアのブラケットだけで調整を行うのですがブリッツの車高調は1度くらいまで起きます。

これで街乗りセッティングの完了です。

試乗です。やはりリアの固さは少し感じますね。ボルトの向きなど色々とディーラー様で確認してくださいね。

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

 

参考取付工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)