現行のパジェロにJAOSの車高調の取り付けです。
パジェロは少し手強いですが交換は問題無いです。
手強いと言うのは当店のリフトが4柱で車両をあげてサスペンションを外すのに中々上げにくいんです。

JAOS パジェロ

サスペンション交換

フロント車高調 パジェロ

さていつも通り交換をおこなおおとロアアームの四輪アライメント調整ボルトやアッパーアームのボルトなどを緩めていきます。
ナットは緩むのですがボルトは回りません。完全固着です。困ったです。
アッパーアームのボルトが外せないとサスペンションすら交換ができません。
運転席側はCRCでベタベタにしてボルト側を長いスピンナーハンドルで思いっきり回したら少し音とともに緩みました。
ロアアームは助手席側の前側1箇所以外は全くまわりません。
助手席側のアッパーアームはどうしても回りません。
こんな調子で交換ができるのか不安ですが作業を勧めていきます。
運転席側はアッパーアームが外せましたのでサスペンションは交換できます。
ですが助手席側が外せなければ交換しても片側になってしまいますのでなんとか外します。
アッパーアームの片側の外れた部分を手前に引き隙間を作ってなんとか抜き取ることができました。

さてやっと車高調の取り付けができます。と思いきや今度はショックのアッパーマウントのブッシュの中にあるスリーブが外れません。
これを外さないとバンプラバーなども外せませんので組み込むことができません。
ゴムの部分を避けてバーナーで炙ってタガネで叩いてなんとか外せました。
これでフロントはなんとか交換ができます。
組み付けて交換です。

ボルト・ナットは外れた部分は銅グリスを塗り固着を少しでも遅らせます。

1G締め

1G締めで締め付けはしていますが緩んでいない部分のブッシュは突っ張ったままです。
緩まない部分ははずせるナットを外してCRCを吹き付けて置きました。浸透できれば緩む可能性もあります。

リア・サスペンション

リアですがこちらもかなりの難関です。

四輪アライメント調整ボルトはどの部分も全く緩みません。

固着
アッパーアームやその他のアーム部分のブッシュ部分は固着していたりしていなかったりとバラバラです。
ロアアームは下に下がらないしアッパーアームは上に上がってしまったり交換するのに一苦労です。
それでもなんとか交換できました。

1G締めをおこない取り付け作業は完了ですが四輪アライメント調整は調整できる部分がないので今回は無しになりました。

よく山にいかれるそうで塩化リなどが原因でしょうね。
マフラー交換も頼まれましたが工具が2個も割れてしまったので交換ができませんでした。
パジェロのマフラーはボディとフレームの間にフランジがあるので作業をやりにくいのでカットなども大変そうです。
今回の作業はここまでです。

しかし大変な作業でした。

パジェロ

それではこの度はありがとうございます。