ヴェゼルの四輪アライメント調整です。
四輪アライメント調整の前に車高調整もご依頼をいただきましたがフロントが固着して回りません。
しかも珍しくロックリングとショックが固着しています。
かなりのさびがあり無理やり回すとネジキレてしまいロックできなくなってしまうと困りますので今回はあきらめました。どうしても調整したい場合は補修部品でラルグスのロックリングを出してもらいサスペンションを外してロックリングのみを切り取り新品に交換になります。
ショック自体の腐食の問題もありますが替えの商品があれば作業はできます。

四輪アライメント調整

四輪アライメント調整

フロントのキャンバーを現状より変更してほしいとのことでキャンバーボルトを持参されておりました。
ラルグスの車高調は基本的にブラケットがストラットの場合はキャンバー調整ができるように長穴になっていますので必要はないですし長穴にキャンバーボルトをいれても表側の位置変更用のプレートが遊んでしまいますのであまりお勧めはしません。それなら受け面の同じ純正の補正ボルトの方がよいです。

今回はキャンバーボルトがなくともお好みの数値まで調整が効きました。
キャンバー数値を変更してトーの調整をおこないます。
この車両はキャンバーの変化でトーの数値がかなり変化するお車なのでこういった長穴の車高調は交換時に必ず四輪アライメント調整が必要になりますね。

 

それではこの度はありがとうございます。
また何かございましたらよろしくお願いいたします。

参考取り付け工賃 四輪アライメント調整10000円(税別)